2月の結果は、次の通りでした。

   (ボール名)       ゲーム数  アベレージ
  ・マジェスティックゾーンⅠ    6   176.3
  ・サハラ                6    162.7
  ・ホットロッド  PSP          7    176. 4
  ・ターゲットゾーン         3    176.7
  ―――――――――――――――――――
     全 体          22     172.7 
ストライク35.3% スペア38.7% オープン26.0% カバー59.9%。

今月は、毎週土曜開催のホーム七隈でのゲームがなかったので、
ゲーム数が少なくなっています。スコアは、足踏み状態。
また、このところドライ用ボールの使用が目立ちます。
コンディションに合わせた結果ですが、ターゲットゾーンまでありますからね。

2006.02.28 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(2) |

今日のコンディションは、5枚目外にオイルがあり、
内側はやや薄めの外早中遅の様子でした。
5枚目外、特に手前には、結構たっぷり目のオイルがありましたが、
クロス気味だと先で切れすぎて厚めヒットとなり、
この辺りを真っ直ぐのラインは、外ミスしてガターとなる可能性が高い
危険なコースと思われたため、中からの外出しを基本にしました。
今回のスコア⇒20060227061531.html
       ave     strik      spare     open    cover 
      172.7   35.3%    38.7%   26.0%   59.9%
1G目は、7枚目を軽く外出ししたつもりが少し勢いが付いて、
ガターでのスタートとしてしまいました。
その後、7フレでも同じ失敗をしています。(涙)
また6フレ以降、偶数フレームの左レーンを攻略できず、スコアダウンです。

2G目、左レーンの立ち位置を2枚左へ移したところ、
カウントは良くなってきましたが、10ピンが上手く飛んでくれません。
右レーンは、終盤で合ってきたので10フレは、パンチアウトになりました。

3G目、厚めに入りだした偶数フレームを6フレでアジャストしたら
バケットになってしまいました。しかもスペアミス。(^_^;)
でも失敗は、これだけに留まり190UPです。

久しぶりの外早で、5枚目外へ出せないコンディションにもたつきましたが、
スコアを尻上りにできたのは、上出来です。
また今回の評価点は、これまで相性が悪かった東洋に対する苦手意識が、
かなり解消されてきたことですね。

2006.02.27 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(0) |

20060226064908.jpg

2005年8月28日付の記事で、
フィンガーテープお試しセットの事を書きました。
セットの17種類を一通り試した後に、
自分なりの評価でベスト5を選定し、
さらに絞込みテストを続けていました。
その結果、最後まで残ったのが
ABSのG-3(写真左) とウェーブのバイオスキン・プロ(写真右) です。

選定の基準は、グリップ感、耐久性、使用感です。

グリップ感は、 ボールが指に掛かる感触ですが、やはり布地タイプよりも
コーティングタイプの方に軍配が上がります。
また軍手の滑り止めのようなイボイボタイプについては、
大した優位性は感じられませんでした。

耐久性は、 2時間程度の練習に耐えられるかで判断しています。
伸びるタイプは、貼る時に引っ張りすぎると耐久性とグリップ感が低下します。
バイオスキン・プロは、薄手で伸びも良いので耐久性の点では劣りますが、
総合評価で勝ち残りました。

使用感は、 テープをはがした際の粘着剤による指の汚れ具合で判断。
ABS製品は、全体的に粘着剤が黒い汚れとなって残る傾向がありますが、
G-3は、比較的まともでした。
20060226064931.jpg
また次点3位は、ウェーブのFT-2(写真左)。
ちなみに同色のシルバーながら
ABSのS-1(写真右)は似て非なるもので、
FT-2よりもグリップ力はありそうですが、
コーティングされたビニール皮膜が
数ゲームで剥離する傾向が見受けられ、落選です。

以上、あくまでも個人的な好みによる評価でした。
他にお勧めがあるようでしたら、教えてくださいね!

2006.02.26 | 用品関連 | トラックバック(0) | コメント(12) |

皆さんおはようございます!
昨晩は、高校時代の友人と久しぶりに中州で飲み、帰宅が遅くなりました。

でも、今朝は普通に起きて早朝から長男の自転車のパンク修理。
2箇所も穴が開いていたのでチョット焦りましたが、
なんとか長男の部活出発までには、終わらせることができました。

二日酔いはしていませんけど、試合もないので午前中は少しゆっくりして、
午後から練習に行こうと思っています。

2006.02.25 | 休閑話 | トラックバック(0) | コメント(0) |

リリースした後の左足の位置がファールラインよりも
かなり手前にあることに最近気がつきました。

助走の1、2歩目を小さく出すようになった事の影響だと思いますが、
ファールラインまでにこんなに余裕があったなんて意識していませんでした。

センターのプロに尋ねたところ、「どこから投げても良いんだけど
フィニッシュがあまり手前だと、センターによってはメンテナンスされていない
所でのスライドになる可能性がある。」との事でした。

このため足二つ半くらい立ち位置を前に移動してみたところ、
スパットの見え方と言うか距離感が随分と変わってくるもんなんですね。
この感覚に慣れるまでには、少し時間がかかりそうです。

2006.02.24 | テクニック関連 | トラックバック(0) | コメント(7) |

基本的に毎週火曜日が、夜錬の日なのですが
試してみたい事があり、昨晩も練習に行ってきました。

試してみたかった事とは、ボールが指に乗る感じです。
火曜日の練習の終盤で、この感覚の手応えが少しありましたので、
再確認のために行ってきました。

この感覚を文章にするのは難しいのですが、
リリースの最終段階で薬指にボールを感じて押し込むって感覚で、
私の場合、人差し指と薬指ではなく、薬指に乗ってる感じです。

で、そのことがどうなのかと言うと、
タテ回転で質の良いボールが出るようになった気がします。
まだもう少し投げ込んでみないと分かりませんが、
感触は段々良くなって来ています。

2006.02.23 | テクニック関連 | トラックバック(0) | コメント(5) |

本書によると
「人は誰でも成功者になれる可能性を持っている。
成功できか否かはその人の心構え次第、自分の潜在能力を
引き出せるかどうかの努力いかんによる。」
だそうです。

以前、自己啓発教材の営業の方と話した事があります。
その際、紹介された教材は1セット20~30万円もする
とんでもない代物でしたので、購入には至りませんでした。
教材には、教本やテープが付いていてより効果が上がるプログラムとして完成度の高いもののようでしたが、
如何せんお値段がキライでした。

しかし、話の内容には興味がありましたので、
書店で物色したところ紹介された教材メーカーが出している本を発見。
それがこの本です。
恐らくこちらは超ダイジェスト版のような物でしょうが、
お手ごろ価格で要点だけは満たしていると思い買ってみました。

これまでこの手の本には、どことなくうさん臭さを感じたり、
宗教じみた印象を抱いたりしていましたが、
この本は比較的素直に読むことができ、考え方も少し変化した気がします。
目標達成を意識している方には、ちょっとお勧めです。

2006.02.22 | 本の紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) |

私がホームとしている七隈ファミリープラザは、築36年の年季もので、
スコアシートがサーマルプリンター(感熱紙式)で出て来るタイプです。

出てくる時はまだ良いのですが、ほとんどが用紙切れの状態です。
また出てきたとしてもスーパーのレシート並みのショボさなので、
もらってもあまり有難味がありません。

はじめてこのセンターで投げた時は、「何じゃコリャー」って思いましたが、
今では、経費節約に協力してるって思えるようになりました。(笑)

そんな状況とスコア管理をちゃんとしてみようと言う思いから始めたのが
この手書きによる記録です。

どうせつけるならピンの残り具合も記録してみようと思って、
何気なくこのタイプにしたのですが、その後、ピンの残り具合によって
厚め、薄めの判断が出来ることが分かり、
ゲーム中のアジャスト材料としても重宝する存在となりました。

また偶に前のフレームでの立ち位置を忘れたりする事がありましたが、
記録する事により備忘録にもなっています。(笑)

2006.02.21 | 休閑話 | トラックバック(0) | コメント(2) |

ホーム七隈での2月度友の会月例会です。

今回は、左右のレンコンが違っていました。
このため右を立ち位(左足内側)で20枚目スパット7枚目、
左を立ち位置15枚目スパット8枚目でスタート。
今回のスコア⇒20060219230557.html
       ave     strik      spare     open    cover 
      182.3   41.3%    41.3%   17.4%   70.4%
1G目は、3フレのスプリットをオープンにしただけでまずまずの出来です。
左の方がオイルが多かったんですが、薄かったのか変化が早く感じました。
結局、8フレで2枚左に移動して、10フレのパンチアウトにつなげられました。

2G目、徐々に枯れていくレーンに早めに探りを入れながら対応したのが、
功を奏していたのですが、7フレでイージーミス。
おまけに9フレでまたもや4-7-10のスプリット。(^_^;)

3G目、単発のストライクと要所要所のオープンでスコアダウンです。(泣)

4G目、4フレ、6フレの食い込み不足をキャリーダウンと判断し
8フレで立ち位置を戻したのが正解で、10フレのパンチアウトとなりました。
20060220065026.jpg 今回は、かなり小まめにアジャストを行いました。
文章にすると大変なので、スコア記録用紙をUP
しています。
20-7などの数字が、立ち位置とスパットです。
クリックするとドーンと拡大しますが、
参考になるでしょうか?(^_^)v

2006.02.20 | 練習・試合結果 | トラックバック(1) | コメント(4) |

先日のサンアローでのチーム戦に参加した際、
福岡県連強化選手の練習風景を拝見する機会がありました。

いゃ~凄いの一言ですね。
ジュニアの方もプロ顔負けの投球でバンバン投げ込んでいましたし、
ラインが読めると、徹底的に攻めてストライクを連発するテクニックと
ボールの威力に見入ってしまいました。

私が楽しんでいるボウリングとは別世界、フィールドが違うって感じでしたね。
そして、ボウリングは色んなレベルの人がそれぞれのフィールドで楽しめる
スポーツなんだと再認識しました。

2006.02.19 | 休閑話 | トラックバック(0) | コメント(4) |

2006年3月11日公開
『かもめ食堂』

原作はこの映画のために作家・群ようこが書き下ろした同題の小説(幻冬舎刊)。
舞台は北欧、フィンランド。
原作は群よう子の書き下ろしによるもので、監督はデビュー作『バーバー吉野』 で2003年ベルリン国際映画祭児童映画部門特別賞を受けた荻上直子。 そして、出演陣には小林聡美・片桐はいり・もたいまさこに加え、 『過去のない男』で主演を演じたマルック・ペルトラをキャスティング。 そんな豪華出演陣が女性監督ならではの視点で、 心地よいフィンランドの日常を切り取ります。
公式HP(http://www.kamome-movie.com/

コメント:30数年前、私が長崎の田舎から都会の福岡に出てきた当初、低料金で空腹を満たしてくれた「西新食堂」、 それにコミュニケーションの場としての喫茶「ウインピー」などに通い、 コーヒーを飲みながらママさんや常連さんと会話した時代を思い出しました。

2006.02.18 | PR広告 | トラックバック(0) | コメント(0) |

我が家に今年高校受験の娘がいることは、以前お話しましたが、
ヨメさんの仕事先で塾や家庭教師の事が話題になった際に、
パート仲間の方から紹介されたのがこの本です。

話の設定は、倒産の危機に瀕した三流高校の再建のために、
1年以内に東大合格者を出して
超進学校への脱皮を図ると言うかなり荒唐無稽なものですが、
内容的には効率的な勉強の仕方だけではなく
目標達成のための心構えやノウハウが随所にちりばめてあり
子ども以上にハマりました。コミックと言えども侮れません。
もちろん私自身は、少年サンデーや少年マガジンと共に成長した世代ですのでコミックに対する偏見も違和感もありませんけど‥。

現在10巻まで読んだ所です、果たして矢島君と水野さんの結果や如何に?
ちなみにウチの長女は、今週月曜日に公立高校の推薦合格内定通知を頂きました。
ホッツ!

2006.02.17 | 本の紹介 | トラックバック(0) | コメント(4) |

14日に続き連荘でのチーム戦。チームは、いつものメンバーでセンターは、
住吉のサンアローボウルです。

1G目は、辛抱のスペアボウリング。やはりストライクが出ないとスコアは伸びませんね。

2G目。序盤では、ぼちぼちストライクも出てきそうな気配でしたが、
中盤に悪夢の大ブレーキで撃沈です。

3G目、10本倒すラインがなかなか安定せず、今ひとつスカッとしないスコアです。
どうせなら2G目も178で、178×3にしたかったなぁ~。
今回のスコア⇒20060216065841.html
        ave     strik      spare     open    cover 
      169.0   28.1%    46.9%   25.0%   65.2%
最近、ドライ用ボールを使うコンディションが多いです。
オイリー用は言うまでも無く、ミディアム用すらあまり出番がありません。(悩)


それから、ここでもやっぱりザ・ワンが、あちらこちらに‥。人気あり過ぎ。

2006.02.16 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(7) |

昨晩は、七隈での職場チーム対抗戦でした。
今回は、右のレーンが左よりも遅く曲がりも大きく出ていましたので、
右は7枚目をやや外出し、左は10枚目を板目ますっぐに出す投球で
練習ボールでは、ストライクをバンバン連発できていました。


しかし、ゲームが始まるや否やストライクは2発で打ち止めとなり後はタップの連続、
おまけにスペアボールのリリースが安定感に欠けアンダー150でのスタート。(泣)


2G目は、立ち位置を2枚スパット1枚左に移動しての投球。
と言っても気持ちがそうなだけで、実際の投球は微妙にぶれています。
1G目よりもミスも減り、170UPまでもう一息。


3G目は、2フレから左右とも立ち位置30枚目スパット15枚目辺りにしたところ
ビンゴで3連発。6、7フレは、左右とも滑ったような動きで食い込み不足でしたが、
終盤少し持ち直しての3連発で、190UPとすることがでしました。

今回のスコア⇒20060215071509.html
        ave     strik      spare     open    cover 
      168.7   40.6%    21.9%   37.5%   36.8%
次の練習課題は、カバーボールのリリースの安定ですね。

それから今日15日はまた、サンアローでのチーム戦です。
今回足を引っ張った分のお返しをしなくてはなりません。

2006.02.15 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(3) |

先日のシニア親善大会のことです。
私のボックスにひとり、左右両隣とそのまた隣のボックスにもにひとり。
ザ・ワンを投げている方がいました。

先月の大会では、ほとんどお目にかかれなかったのに、
今回はザ・ワンのオンパレード。人気の高さが伺えいました。

私のボックスでは、年配の小柄な女性が投げていましたが、
年齢とは似合わない、と言っては失礼ですが、そのくらい良い走りと動きをしていました。

ちなみに今回の優勝者もザ・ワンわ使っていた方でした。

2006.02.14 | 用品関連 | トラックバック(0) | コメント(4) |

福岡シニア親善大会は、市内のセンターが持ち回りで毎月開催の大会です。
2月は、パピオボウルでの開催で、私にとっては初めてのセンターでした。

レーンはウッドです。またこの日は、ショートオイルのようでした。
このためレーンヘッドの走りはいいのですが、ピンの手前から大きく、
しかも不安定な動きをするためライン探しに難儀しました。

持参したボールの中でかろうじてポケットまで届くのはサハラでしたが、
それでも立ち位置(左足内側)30枚目スパット15枚目と
比較的インサイドからのスタートとなりまいた。
今回のスコア⇒20060213065552.html
        ave     strik      spare     open    cover 
      166.5   27.4%    45.2%   27.4%   62.2%
1G目は、中盤のイージーミスでスコアは伸びていません。
でも、終盤のカウントも悪くなかったので、2G目もそのままサハラを続投。
しかし、結果は相変わらず先の動きが不安定でパッとしないばかりか、
カバーボールでさえ先で動くようになり、スペアミスを連発。(~_~;)
3G目も中盤まで試行錯誤してみたものの、結局たまらずに方針変更です。

この時、stormさんが試されたディープインサイドからのラインも選択肢として
頭をよぎったのですが、今回はカバーボールをメインに使う事を試してみました。
3G目6フレからが、その結果です。
投球ラインは、立ち位置20枚目でスパット8枚目辺りへややスピードを
抑えた感じで出しました。

最終ゲームまで打ち上げられれば良かったんですが、
6G目は、出だしでつまずいてしまいました。
ちなみに6G目2フレのバケットはカバーボールでミスったので、
3フレ目のバケットは、サハラで取りに行きました。主客転倒ですね!

今回は、下手をするとガタガタになるところを立て直してくれたカバーボールに感謝です。
ドライコンディション用としても想定はしていましたが、
でも、ピンアクションも今一でストライクも出にくいので、
やはり緊急避難処置と考えないといけませんね。


それとも‥
カバーボールでも200UPが出せるように練習するべきか?

2006.02.13 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(5) |

できるだけ毎日更新しようと思い、先週から頑張っています。
やっ1週間が経過しましたが、結構大変ですね。

ネタの方もさることながら、帰宅が遅くなってパソコンに向う時間を
確保する事が難しい場合もあります。
今後は、時間があるときに記事を書き溜めるなどの工夫も必要かな?

2006.02.12 | 休閑話 | トラックバック(0) | コメント(4) |

 









2006年3月11日公開 
『イーオン・ フラックス』

story

 
西暦2011年、品種改良によって発生したウィルスにより人類の98%が死滅。
科学者トレバー・ グッドチャイルドが開発したワクチンにより、
人類滅亡は回避することが出来た。
それ以降、 人類は汚染された外界と壁で隔てた都市ブルーニャに住み、
病気もなく、飢えもなく、戦争もない、 完璧な生活を送っているはずだった・・・。

 

2006.02.12 | PR広告 | トラックバック(0) | コメント(0) |

部署はそれぞれに違うんですが、職場のメンバーと月1回ペースで
「部活」と称してボウリングとその後の飲み会を開催しています。

5~7名の少人数での開催で、ボウリング場と懇親会場の予約、
参加集約、商品の買出し、スコアー管理などを私が行っています。

他のメンバーがハウスボールなので、私もそれに合わせています。
1月は都合により開催がありませんでしたので、
久しぶりのハウスボール使用でした。やはり勝手が違いますね。

なかなかストライクを出す事ができず、
今更ながらにリリーさんの凄さを再認識しました。
今回は、比較的調子が良かった方で以下の結果となってます。
今回のスコア⇒20060211152630.html
      ave     strik      spare     open    cover 
      166.7   26.7%    46.8%   26.7%   63.6%

2006.02.11 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(6) |

最近左手の使い方を気にするようになりました。
左手の使い方とタイミングの取り方とが、密接な関係にあるような気がします。
私の場合、左手を前に出し目標とするスパットを指差すようにしてアプローチし、
右手のスイングと入れ替えるような感じで左手を後ろに引くと言った使い方が、
好い感じになってきました。

プロの投球を見ても左手の使い方は、様々ですよね。
時本プロのように華麗に翼を広げるみたいに横へ出す人もいれば、
ジョン・テハプロみたいに独特の激しい動きの人もいます。

人それぞれに左手の使い方があるって事なんでしょうね。

2006.02.10 | テクニック関連 | トラックバック(0) | コメント(9) |

取引先の方から、ボウリングを教えて欲しいという依頼がありました。
聞けば年に2回ほど開催される業者同士のボウリング大会での成績が
思わしくないので、基本から勉強したいとの事。

とわ言え、私はまだ人に教えられるような者ではありませんので、
とりあえず私が参加している教室を紹介し、一緒に練習することにしました。

私は、レーン上やボックスでのマナーやルールと準備運動等を教えたくらいで
技術的なことはプロにお任せ。

日頃ウチのプロは、質問しないと教えてくれないタイプですが、
初心者の方には、ちゃんと教えてくれていたようです。

その甲斐あってか1時間後、スコアを入れて投げた1G目はナント176。
2G目は、120前後となりましたが、ご本人はいたく満足して帰られました。
ビギナーズラックだったかも知れませんけど、これからが楽しみです。

2006.02.09 | 休閑話 | トラックバック(0) | コメント(4) |

昨晩は、夜錬の日でした。練習のポイントは、 
1.脇を締める。
2.ボールを押し込む。
3.レベレージを保つです。
1時間ほど自由練習をした後、練習仲間とスコアを入れて投げたところ。
久しぶりのビッグゲーム257を打つことができました。練習の成果かなぁ?

ボールは、ホットロッド・プロストックパール。
廉価ボールながら最近ホームでの相性が良いので、メインボールに昇格しそうです。

2006.02.08 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(7) |

タイトルの通り厳密に言うと、本ではなくて手帳です。
しかし、単なるスケジュール帳ではなく、
目標達成のための手帳術(活用方法)が
具体的に書かれているのがポイントで、
普通の手帳に比べお得感もあります。

この手帳の作者は、
「図解 夢をかなえる人の手帳術」と言う本も出しています。
でも活用方法の要点はこの手帳にも十分書いてあるので、
本が無くてもちゃんと活用できます。
手帳のタイプは、
1週間の見開きで時間がタテに刻んであるバーチカルタイプ。

当初は、今年高校受験に挑む娘のスケジュール管理用に買ったのですが、
私自身も興味がありましたので、ついでに買ってみました。
設定した目標が達成されるかどうかは、まだ先でないと分かりませんが、
以前とは、少し心構えが変わった気がします。

既に2月に入っていますが、始めるのは今からでもまだ遅くないと思います。

2006.02.07 | 本の紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) |

ホーム七隈の2~3月は、毎年、子ども会の予約でいっぱいになる為、
週末午前中の試合は、全てお休みとなります。

したがって、土曜日のおはよートーナメントも2ヶ月間開催されません。
このため2月の初ゲームは、東洋でのサンデーモーニングとなりました。

今回のスコア⇒20060206070725.html
       ave     strik      spare     open    cover 
      180.3   38.7%    35.5%   25.8%   57.9%
1G目は、苦手としていた東洋で、異例の200UP。
ちなみに、この時点では7位でした。

2G目は、やはりのドボン。
先での動きが不安定になった来たことへの対応ができませんでした。

3G目。最終的に左へ5枚移動して、アジャストは上手く行ったのですが、
5フレ、9フレでイージーミスをしてしまいました。(^_^;)

反省点はありますが、相性が悪かった東洋での200UPゲームと
アベ180は、まずまずの出来と一応満足です。

2006.02.06 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(2) |

私なんかよりも皆さんのほうが、良くご存知なのかも知れませんが、
スタートに当って、自分でもアマゾン・ドットコムでの書籍注文を体験してみました。

私的な感想ですが、近くに書店が無いとか、あっても品揃えが不十分だとか、
そもそも足を運ぶ時間が無いとかいった方には、有効な手段だと思います。

1500円以上の注文でクレジット支払いであれば、送料も無料です。
代引きも可能ですが、その際は代引き手数料が発生します。
発送可能時期が記載されていますので、「24時間以内に~」であれば
翌々日までには届きます。勿論、数週間要する本もあるので要チェックです。


届けられる際の包装・荷姿もちゃんとしています。
私が注文した本は、大き目のダンボールでサンドイッチにした状態で来ました。

尚、私のこのサイトから注文していただくと、私に幾ばくかの報酬が
支払われる仕組みになっています。注文者が、 不利益をこうむる事は無いはずです。
よろしかったら、ご協力お願いします。

2006.02.05 | 本の紹介 | トラックバック(0) | コメント(2) |

本の紹介第1弾です。
この本は、
・仕事でもプライベートでも「書く技術」の重要性が増している。
・文章には、芸術文と実務文の二種類がある。
・実務文とは、「目的を達成する文章」である。
・読み書きするのはほとんどが実務文なのに、
  学校で実務文教育を受けた記憶が無い。
と言う筆者の問題意識から書かれた本です。
当然のことながら読みやすく分かり易く書かれていますので、
高校生の方にも理解できる内容です。
ブログ作成などにも役に立つと思います。

2006.02.04 | 本の紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) |

1月の結果は、次の通りでした。

   (ボール名)      ゲーム数  アベレージ
  ・スモーキン         10     183.2
  ・マジェスティックゾーンⅠ   6    181.3
  ・レッドアラート300      4    181.3
  ・サハラ               3    176.3
  ・ホットロッド  PSP       6    161.7
  ・シャープブレード       3    155.3
  ―――――――――――――――――――
     全 体          32     175.3 

ストライク37.0% スペア37.6% オープン25.4% カバー59.6%。
凸凹が激しいスコアが続いていましたが、何とかアベレージ並はキープ。
カバーボールを使ったのは、終盤の2Gだけなのでほぼ使用前のカバー率です。
来月が、楽しみだなー。

2006.02.02 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(7) |