残暑お見舞い申し上げます。

何だかバタバタと忙しくて、更新のリズムが壊れてしまいました。
今月は、ゲーム数も少なく19ゲームです。
しかも投げたのはホームだけで他でのゲームがありまませんので、
やや高目のアベレージとなっているようです。
      ave     strik      spare     open    cover 
     194.5   45.5%    36.6%   17.8%   67.3%

ボールごとの結果は、次の通りです。
  (ボール名)    ゲーム数  アベレージ   ストライク数
・レッドアラートLTD     9    189.9     4.9/G
・ザ・ワン            1    190.0     4.0/G
・SR300           8    207.0     5.3/G
・マスターゾーン       1    141.0     2.0/G
―――――――――――――――――――――――――
   全 体         19    194.5
一見するとSR300は、好調のように見えますが、
私的には、正直言って軌道イメージが今ひとつしっくり来ません。
もう少しロングオイルの方が合うような気がしていますので、
このままでは七隈での出番は、少なくなりそうですね。

2006.08.31 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(0) |

昨日は、概括的な傾向のチェックでしたので、
今回はもう一歩踏み込んで、残りピンの分析をしてみました。

230ゲーム終了現在、最も多い1ピン残りは、やはり10番ピンで300回。
この内215回をクリアーしてカバー率71.7%。
次が、案の定7番ピンで128回。
この内98回をクリアーしてカバー率76.6%となっています。

今年1月時点では、共に70%を下回るカバー率で、
しかも対7番ピンの方が、カバー率が低かったのですが、
スペアミス撲滅キャンペーン(練習)の甲斐あって
ここ数ヶ月の7番ピンカバー率は、80%台にまでなりました。

これに対して10ピンカバー率は、ゆるやかな右肩上がりと言った感じです。
圧倒的に多い10ピンタップに対して、7割台と言うカバー率は
そこそこ健闘しているようにも見えますが、まだまだ安定感に欠けていますね。
10ピンカバーミス撲滅キャンペーンが必要です。

それに加えてもう一点。
カバー率が低い10番ピンを残すのではなく、
同じタップでも7番ピン残りとなるような工夫をすれば
スコアUPにつながるのではないか?と言う姑息なアイデアも浮かんでいます。

具体的にどんな方法があるのかは、分かりませんが、
例えば、これまでの感覚よりも立ち位置を1~2枚右にするとか、
外出しのアングルをもう少し絞ったイメージで投げるとか、
要は、厚めにヒットさせるって事なんでしょうけど
少し試してみるのも面白いかも知れませんね。

2006.08.28 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(7) |

ジャムおじさんの記事を拝見し、私もデータ分析をしてみました。
以下の表は、1ゲーム当りのストライク、スペア、オープンフレームについての
月別平均発生個数の推移です。
20060827235027.jpg
今年前半に比べると6月からストライク数が増え、オープンの個数が少なくなっています。
スペアに関しては、1ゲーム当り4個弱であまり変化がありません。
当面は、オープンの発生個数1.5個が設定目標になりそうですね。

2006.08.27 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(4) |

20060827074804.jpgBowling技術特集Remix3を購入しました。

前作のRemix1、2と買ってしまった流れで、
お付き合いしたようなものですが、
今回もほとんどが特集記事の再録版です。
まぁ私の場合は、月刊分を定期購読しているわけではなく、
リアクションガイドの号以外は、立ち読み専門ですから
損?はありませんけど。

内容は、15名のPBA選手の
投球フォーム分解(16カット)カラー写真と
中沢奨プロの「明後日はストライク」22回分のレッスン記事、
それに女子プロ3名(谷川章子、清水弘子、中谷優子)の
インタービュー記事です。

中沢プロのレッスンは、初心者対象の記事ですが、
基本および練習方法を押さえるという意味で役に立ちますし、
全レッスンの収録ではありませんが、
1冊にまとまったと言う点で価値がありますね。


2006.08.26 | 本の紹介 | トラックバック(0) | コメント(2) |

今月のボーマガに「リリースの安定は親指のフィット感から」と言う
水野のプロの記事が載っていました。

具体的な調整方法は、多少違うものの基本的な考え方は、
私の発想と同じでしたので、とても嬉しくなりました。

水野プロのやり方は、ボーマガを見ていただくとして、
私のやり方については、2005年11月12日付けの
「サムホールの調整」と言う記事で紹介していますので、
関心のある方は、ご参照ください。

2006.08.25 | 用品関連 | トラックバック(0) | コメント(5) |

個人リーグの代役として、ホームの七隈で4ゲームを投げてきました。
今回のスコア⇒192、216、193、146
      ave     strik      spare     open    cover 
     186.8   43.2%    38.6%   18.2%   68.0%
1G目は、とにかく10番ピンが飛びませんでした。
立ち位置(左足内側)25枚目スパット10枚目のやや外出し投球で、
中盤のダブルでやっと入射角度が合って来たかなって思ったのも束の間、
終盤で再び10ピンタップのターキーです。(^_^;)

ゲームが進んでも思ったほど切れ込みが良くなりませんでしたので、
2G目は、最初から立ち位置を2枚右へ戻し、外出し角度も気持ち内側へ
修正したところターキースタートとなり、アジャストは一応成功の様子でした。

3G目は、やや厚めのカウントが見え始めましたが、
微調整の範囲でなんとか乗り切っています。

問題は、4G目。
スプリットとイージーミスによるオープンフレームで、大幅スコアダウンです。
自分としては、丁寧に投げたつもりですが、結果が伴っていません。
集中力の低下が、原因と思われます。

2006.08.24 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(3) |

どんなコンディションであっても必ず誰かが、まともなスコアを打っています。
昨日の夜錬でも、私はイマイチでしたが、一緒に投げた練習仲間の吉○嬢は、
きっちりとスコアを残していました。

私は、ボールが曲がる投球で、彼女はストレート系。と言う事は、
昨晩のようなレンコンでは、ストレート系が正解だったのでは?と言う素朴な疑問。

以前、キリンCUPでローバート・スミス選手がバックアップボールで
予選を投げていた事がありました。
余裕を見せて遊んでいるのかと思ったら、本当の理由は、
「サウスポーの方が良く当っているようだったから。」との事でした。

スミス選手の例は極端な話ですが、その日のコンディションに対して
どんな投球が有利なのかを周りの投球者の様子から判断することの
重要性を意味しているのではないかと思いました。

勿論、情報収集の結果に自分の投球技術でどれだけ対応できるかは、
また別の話になりますけど‥。
ワンパターンな投球スタイルに固執するのではなく、
柔軟な対応力を身に付ける必要があるかもしれませんね。

2006.08.23 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(4) |

久しぶりに夜錬をしてきました。
今回は、SR300、ザ・ワン、リミテッドを投げ比べ
それぞれの違いと特性を把握する事を目的としてみました。

しかし、今回のコンディションでは、
どれを投げても10ピンタップ、アジャストすれば7番ピン残り。
ジャスポケかと思えば、8番ピン残りか7-10とまったく上手く行きせんでした。

あれこれ投げすぎて、かえって混乱してしまったのかも知れませんが、
なんだかストレスだけが残る練習結果でした。

とは言え感覚的に一番合っていたのが、リミテッドでしたので、
今後は、リミテッドを基準にして、使い分けの判断が出来るように
もう少し投げ込んでみようと思います。

2006.08.22 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(4) |

甲子園での2日間に渡る決勝戦。素晴らしかったですね。高校野球もさることながら、
WGP女子バレーでの日本女子チームの活躍ぶりもなかなかのものです。

第3戦の強豪ブラジルには敗れたものの、
1、2戦の対キューバ、韓国戦は圧勝で、昨年には無い力強さを感じました。
今年、柳本監督はチーム作りのテーマとして、
個人のミスを2つ減らす-2(アンダーツー)に取り組んだそうです。

具体的な内容は分かりませんが、昨年からのメンバーを見ると
ほとんどの選手が痩せており、練習の凄さが想像されました。

私は、ナマケ者なので大した練習はしませんが、
気持ち的にはゲーム中のミスを2個減らすように心がけ、
スコアUPにつなげけたいと思いました。

2006.08.21 | 休閑話 | トラックバック(0) | コメント(3) |

今日の午後は、七隈での友の会月例会で4ゲーム投げて来ました。

レンコンは、概ね昨日と同じでしたので、およその展開は読めました。
ひとつ違っていたのは、アプローチがかなり軽かったこと。
午前中にジュニアの大会が開催されていましたので、
そのためのアプローチメンテナンスになっていたのかも知れません。

私は、ソールを交換することで事なきを得ましたが、
滑りすぎるアプローチに、恐る恐る投げる方もいたようです。

今回は、昨日の反省を踏まえ、
最後までSR300を投げ通そうと思って挑みました。
今回のスコア⇒235、166、185、191
      ave     strik      spare     open    cover 
     194.3   48.8%    32.6%   18.6%   63.6%
昨日の経験を基に、1G目から立ち位置(左足内側)30枚目
スパット13枚目を投げたところ好スタートを切ることが出来ました。

2Gくらいは、このポジションで持つかと思っていましたが、
そう甘くはありませんでしたね。不運なスプリットもあるのですが、
いずれにしろレンコンの変化が早かった事によるカウントダウンで、
特に偶数フレームでその傾向が強くなっています。

3G目の1、2フレームを投げたところで、
食込みすぎが確定的と確信しましたので、(気付くのが遅いんですけど‥)
3フレから立ち位置とスパットはそのままで、
回転だけを立て回転気味の投球に変えて投げる実験をしたところ、
偶数フレームのレーンの方は、結構良い結果を得ることが出来ました。

このため4G目も同様の投球で実験を続行。
7、8フレでおバカなイージーミスにより2オープンとしたものの、
リリースアジャストの実験は、概ね成功したと思います。

これまでは、ボールチェンジで対応していましたので、
回転の質を変えるアジャストは、ほとんど行なっていませんでしたが、
今回の実験結果からアジャストの手段として、結構な手応えを感じました。

2006.08.20 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(8) |

午前中、七隈でのおはよートーナメントに参加してきました。
せっかく新しいボールも購入したのに
仕事やお盆の里帰りなどで、なかなか投げる暇がなく、
8月になってやっと3回目のボウリングです。

使用するボールは、当然SR300。
早くボールに馴染むために、少しくらい無理をしても投げようと思っていました。
今回のスコア⇒209、220、141
      ave     strik      spare     open    cover 
     190.0   38.7%    38.7%   22.6%   63.2%
レンコンは、やや遅め。
1G目から立ち位置(左足内側)25枚目スパット10枚目を通す投球でスタートし、
2G目では立ち位置30枚目の13枚目通しまで移動していました。

2G目の10フレと3G目の1、2フレのカウントが良くありませんでしたので、
さらにインサイドに入るか、ボールを代えるか悩んだ挙句、
ボールチェンジの方が楽に投げられると思って、マスターゾーンを投入。
ところが中盤と終盤にミスを連発して、自滅してしまいました。(^_^;)

2G目までの調子なら充分トップ目もあったのに、残念な結果です。

SR300については、スキッド&スナップで、しかもあまり角が出ず
大人しい曲がりの扱いやすいボールだと思っていたのですが、
反応は大人しいもののやや手前の方から曲がろうとするため、
オイルが短い場合は、インサイドからの投球が必要になるようです。

したがってロングオイルの方が、本来のイメージに合った軌道で
本領を発揮できるボールではないかと思います。

今回は、ボールチェンジをせず、立ち位置を変えるか
曲がりを抑えた投げた方に代えるという選択肢もあったと思いますが、
この辺りの判断は、あくまでも結果論で、なかなか難しいところですね。

2006.08.19 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(7) |

本書は、2003年発刊の
『年収300万円時代を生き抜く経済学』
ならびみ『続年収300万円時代を生き抜く経済学』を
再編し文庫化したものです。

前作を読まれた方には、
3匹目のドジョウかも知れませんけが、
今回が初めての私にとっては、
なかなか興味深い内容でした。

著者の経済予測が当るかどうかは、別として
住宅ローンや保険料の見直しから、

お得なクーポンやポイントの活用方法まで、彼の豊富で幅広い守備範囲の中から
収入が増えない時代を生き抜くための、「身の丈にあった」暮らし方の
知恵と工夫が具体的に分かりやすく紹介されています。

2006.08.17 | 本の紹介 | トラックバック(0) | コメント(2) |

今夜投げたコンディションは、中遅外早でしかもショートオイルと言う状態で、
私にとっては大変難しいものでした。
このため少々インサイドに入っても横回転が加わった通常の投げ方では、
ドライ用のマスターゾーンですらポケットまで届きません。

オイルが十分あるのは、5枚目より外側だけで、この辺りを真っ直ぐかやや外出しして
ポケットを捕らえる投球は、ガターの危険性がある上に、先での動きも不安定、
おまけに下手をするとブルックリンまで切れて行く難しさがありました。

したがって対処方法としては、さらにインサイドへ入って25~30枚目を通すラインを探るか
立て回転のストレートボールでポケットへボールを集める投球のいづれかの選択肢だと思い色々試したところ、今回は立て回転のボールが比較的有効のようでした。

レンコンによって投げ分ける技術の必要性を痛感した日でした。

2006.08.16 | テクニック関連 | トラックバック(0) | コメント(7) |

そろそろドリルができているだろうと思い、七隈へ行ってきました。
お盆のため吉野プロはいませんでしたが、ボールだけ受け取って、
3Gほど投げてきました。

今回のスコア⇒183、231、219
1G目は、ウォーミングアップとザ・ワンとの比較を兼ねて、
6フレまでをザ・ワン、7フレからをSR300を投げています。
2、3Gが、SR300だけで投げたスコアですので、この2Gだけで見ると
      ave     strik      spare     open    cover 
     225.0   52.4%    38.1%   9.5%   80.0%
私としては、上出来の結果でした。

もう少し投げてリミテッドとの比較などもやりたかったのですが、
通常料金でしたので、今日のところは取りあえず感触を確かめる程度にしときました。

まだインプレを書けるほどではありませんが、ひとまず相性は悪くないようです。
私がイメージしていたよりもインサイドから投げるボールに仕上がっていましたので、
当初の予想と動きが少し違う印象を受けましたが、
アジャストは、イメージ通りに決まりましたので、扱いやすいのかなって思いました。

2006.08.15 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(5) |

13、14日と里帰りしていました。
実家は、熊本の荒尾と言う所で近くに三井グリーンランド(テーマパーク)があります。
また近くのショッピングモール内には、日置プロが勤務する
荒尾ボウルというセンターがあるのですが、
今回顔を出してみるとナント、8月一杯で閉鎖するとのことでした。

福岡の我が家から実家までは、2時間程度で行き来できるのですが、
親不孝者の私は、これまであまり里帰りをしていませんでした。

このため、このセンターで開催される大会への参加を兼ねて
里帰りの機会を増やそうかと考えていたのですが、
すっかりあてが外れてしまいました。

で、もう一ヶ所、昨年5月にオープンしたパスカワールドと言う
ゲームセンター内に併設されたセンターが、ウルトラマンランドのすぐ側にありましたので、
ここでの会員登録を行なうことにしました。

まだ投げていませんので、どんなセンターかは分かりませんが、
スケジュール表を見る限りでは、リーグやメンバー月例会などの各種大会も
開催されている様子で、店内は明るくて、こじんまりとしたプロショップもありましたので、
まずまずのセンターではないかと期待しています。

2006.08.14 | 休閑話 | トラックバック(0) | コメント(2) |

丁度6年前の今頃、ボウリングスクールに通うようになり、
始めてマイボールを手にしました。

スクール開始当時のアベレージは、120前後。
週1回のレッスンでボールもレッスン用の廉価ボールでしたが、
徐々にハマり込んで行きました。

ボールの材質や性能の事などまったく分からないまま1年ほど投げ続け、
アベが150前後(ヘッドピンは外さなくなったがスペアミスが多い)になった頃
少しまともなマイボールを購入しました。

その後ボール1個だけではレンコンの違いや変化に対応しにくい事などが分かり、
オイリー用とミディアム用の2個体性に充実。
この辺りでやっとアベ160前後になったと思います。

練習量も増え、次第に投球スタイルが安定して、
ストライクの連発もチラホラ見え出してアベ170前後に。

昨年辺りから相性の良いボールに出会った事や
スペアトライの苦手意識が少なくなった事などにより
スコアがさらに上昇しアベ180台へ。

ざっとまぁこんなところが6年間の歩みでしょうか。

2006.08.13 | 休閑話 | トラックバック(0) | コメント(9) |

国内最大級のポイント交換サイト
Gポイント

20060812231915.gif「Gポイント」とは、
Gポイントを仲介ポイントとして複数のポイントを集約したり交換することができるサービスです。

お手元に貯まっている各社の小額ポイントをGポイントに集約し、貯まったGポイントをさらにお好みのポイント、サービス、景品に交換することができます。

もちろんメール受信やアンケート、
ビンゴゲーム、キーワードクイズなどによる
ポイント加算も用意されていますので、サイト訪問でも楽しむ事ができます。

今なら、5周年記念&サイトリニューアルを記念して
「スターアライアンスで行く!世界一周100万円の旅」が当たる
プレゼントキャンペーンを2006年9月30日まで実施しています。
詳しくは、コチラまで↓↓↓↓↓↓↓↓
「Gポイント」(http://www.gpoint.co.jp/index2.html)

2006.08.12 | PR広告 | トラックバック(0) | コメント(0) |


本を読むスピードがもう少し早くなると良いなーって思い、
このところこんな本を読んでいます。

10倍も20倍も早くならなくても、今より2、3倍早くなるだけで
仕事の効率や人生も(ちょっと大げさ)随分変わると期待しているんですけどね。

2006.08.12 | 休閑話 | トラックバック(0) | コメント(0) |

尼崎市南武庫之荘の女性センターでの仕事のため、
朝一で福岡を出発し、今、会場近くのモズバーガーで腹ごしらえをしています。
ここに来るまでに生活習慣の違いに気づいたことがあります。

エスカレーターに乗る際、関東では確か左側に立って
右側を急ぐ人のために空ける習慣だったと思いますが、
関西では、逆で右に立って左を空けるのがルールのようです。
あまり関西に来たことがなかったので、面白い発見でした。

2006.08.11 | 休閑話 | トラックバック(0) | コメント(5) |

1月からこの間214ゲームを投げて8月10日現在、アベレージ181.7となっています。

アベレージ推移表昨年の様子と比較してみようと思い、
グラフを作成しました。
6月までは、今年の方がゲーム数が少ない為に
月間アベが高くなっている可能性が考えられますが、
7月は、完全に勝っています。

今後もこの調子で、実力UPを図りたいものです。

2006.08.10 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(3) |

昨晩は、七隈でのチーム対抗戦でした。

ややオイリーなコンディションでしたので、
初めの内は10枚目辺りを軽く外出しする感じで良さそうに思えたのですが、
ストライクがつながらず、イジーなスペアミスでスコアは伸びませんでした。
今回のスコア⇒180、179、214
      ave     strik      spare     open    cover 
     191.3   48.4%    32.3%   19.4%   62.5%
1G目に2-7を2回も外したのは、いただけませんね。
2G目6フレの2-8のチェリーも日頃はあまり外さないのですが、
中目のオイルの読み違いが失投につながりました。
3G目は、インサイドへのアジャストが上手く決まっての200UP。
何とかアベを190台に乗せる事ができました。

それからSR300のドリルを依頼してきました。
七隈の吉野Pは、また違ったドリル理論を持っているようで、
結局は、ザ・ワンと同じドリルにすることに決定。
コアの形状とカバーの仕上げの違いを比較してみる事にしました。

2006.08.09 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(5) |

ボビー
近所の犬嫌いのオヤジのために
すっかり室内犬となってしまった我が家のワンちゃんです。

室内トイレのしつけなども早々と覚えて、なかなかの賢さを見せていましたが、
最近は、朝夕2回の散歩の時にトイレを済ませるようになり、
ワンちゃん用のトイレシートの交換が不要になりました。

彼女なりに経費節約に貢献してくれています。

2006.08.08 | 休閑話 | トラックバック(0) | コメント(3) |

20060807065135.jpg
庭で鉢植えにしているブルーベリーが、ボチボチ食べごろになってきました。

ヨメさんは、洗濯物を干しに庭に出るたびに、
5~6粒味見をするのが日課になっているようです。

現在収穫できる樹は、3本です。
来年になれば、今年の幼木が成長し、もう1本収穫できるようになるでしょう。

今ある奴は、やや昔の品種なので、今後は500円玉大の実が成る品種や
もっと味の良い品種の樹などを数本増やしたいと思っています。

2006.08.07 | 休閑話 | トラックバック(0) | コメント(4) |

本書は、私が参加した青少年ネグロス体験ツアーの
現地での受け入れやツアーコーディネイトで、
かれこれ10年間くらいお世話になっている
大橋成子さんの著書です。

NGO団体に参加したのを切っ掛けに、
次第にネグロスとの関係が深まり
ついには5人の子持ちの男性と結婚。

彼女のネグロスにかける思いや関わり方など
この間の彼女のネグロスでの奮闘記となっています。

書店でも恐らく目にすることは無い本でしょうから、
お世話になったお礼も含めて、個人的に紹介させていただきました。

2006.08.06 | 本の紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) |

およそ2週間ぶりにボールを転がして来ました。

七隈のおはようトーナメント3ゲームの結果です。
今回のスコア⇒194、194、190
      ave     strik      spare     open    cover 
     192.7   43.8%    40.6%   15.6%   72.2%
朝一のフレッシュコンディションでしたが、感触は悪くありませんでした。
1、2Gをリミテッドで投げ、3G目はもう少し楽にボールを奥まで届かせたかったので
ザ・ワンを投げてみました。

2006.08.05 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(0) |

20060805000321.gif

ドリルの事は、良く分からないのでいつもセンターのプロにお任せです。
エボナイトのボールには、このようにエボナイトベストと言われる
推奨パターンがありますが、こんどのSR300をどうしようか少し思案しています。

PAPが分かっていれば、このパターンでなくてもOKのようにも書いてありますので、
深く考えずにこれまで通りプロにお任せするか、推奨パターンで依頼するのか‥
ちなみにザ・ワンのときは、お任せでドリルしたので、推奨パターンではありませんでした。

2006.08.04 | 用品関連 | トラックバック(0) | コメント(6) |

ボウリングを始める前は、ボードセーリングと言う
マリンスポーツを20数年間やっていました。
一般的には、ウインドサーフィンと言った方が分かりやすいかもしれませんね。

私がハマっていたのは、コースレーシングです。
ヨット競技のルールにのっとり、海上に設置されたマークブイを
順番通りに回ってゴールするという奴で、オリンピックの競技種目にもなっています。

全盛期の頃は、月に数回、県外の大会にも出たりしていましたが、
バブルの崩壊とともに下火になったことや加齢とともに
道具の積み下ろしやゲレンデまでの行ったり来たりが億劫になったり
道具代が捻出しずらくなったりと諸々の理由により自然消滅しました。

それに比べるとボウリングは、経費も比較的掛からず、天候にも左右されず、
センターもすぐ近くにあってホントに手軽に楽しめるスポーツです。
静岡には、100歳のボウラーがいると聞きましたが、
私が時々参加しているシニア親善大会の参加者を見ていても
生涯スポーツとして末永く楽しめるスポーツだと思います。

2006.08.03 | 休閑話 | トラックバック(0) | コメント(4) |

ゲーム数43Gでアベ190.5。
私としては、かなり好調だった7月の成績です。

      ave     strik      spare     open    cover 
     190.5   46.1%    34.0%   20.0%   63.0%
好調の原因は、アウェーで投げていないことが一番の要因でしょうね。


ボールごとの結果は、次の通りです。

  (ボール名)    ゲーム数  アベレージ   ストライク数
・レッドアラートLTD    17    195.9     5.0/G
・ザ・ワン           16    187.4     4.6/G
・シャープブレード      5    193.2     5.2/G
・マスターゾーン       5    179.8     5.0/G
―――――――――――――――――――――――――
   全 体         43    190.5

2006.08.02 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(0) |

ネグロスツアー
7泊8日の青少年体験ツアーを終えて、
本日無事に帰国しました。

ツアー自体は、何事も無く終了しましたが、
色々と考えさせられる事もあり、
追い追い記事にしたいと思います。

また、帰宅すると出発前に注文していた、RS300が届いていました。
ホント綺麗なボールですね。疲れも一気に吹き飛んでしまいました。

2006.08.01 | 休閑話 | トラックバック(0) | コメント(6) |