Pリーグ第七戦の一次予選CグループとDグループとで使用されたボールは、
次のような様子でした。不確かなものもありますが、恐らくこんな所だったと思います。

竹俣選手 シフト(Storm)
宮城選手 G-3デュアルトーングリフォン(ビジョナリー)ナノデスアキュライン(ABS)
谷川選手 トータルインフェルノ(ブランズウイック)
酒井選手 レブマックスコントロール(レボルーション)
吉田選手 D&C SS(ダイノタン)
清水選手 ホライゾンソリッド(ロトグリップ)
戸塚選手 トライアンフトリプルセブン(AMF)
片井選手 トータルNV(エボナイト)

A、Bグループでは、ややエボナイトが人気のようでしたが、
今回は、見事にバラけていますね。

2007.04.30 | 用品関連 | トラックバック(0) | コメント(0) |

先週に続き、七隈のおはようートーナメントで優勝しました。
ナント2連覇での2勝目です。本人が、一番驚いています。

2ゲーム終了時点では、4位か5位のポジションでしたが、
上位陣が3ゲーム目で失速したのに対して、中盤から7連発とした私が
幸運にもトップにのし上がる事が出来ました。
チョー気持ちよかったです。
20070429000350.jpg
今回のスコア⇒201、189、244 計634
 ave    strik    spare   open   cover 
211.3  59.4%  25.0%  15.6%  61.5%

今回も勝利者賞として缶ビール1ケースと
ハイゲーム賞のドリップオンコーヒーを頂いて帰りました。

2007.04.29 | 練習・試合結果 | トラックバック(1) | コメント(9) |

初心者の方にボウリングを教えるにあたって
私もあらためて「スポーツボウリングの世界」や「技術選集」その他
ボウリング関連サイトの講座などを見返してお勉強しています。(笑)

テクニックや道具についての薀蓄(うんちく)など色々あるのですが、
上達の為の基本は‥と言うと、「再現性と観察」ではないかと考えています。
これはあくまでも自分の経験上のことなので、的外れかも知れませんけど‥。

再現性=「安定した投球」です。
初めてボウリングをする方でも、ストライクを出す事ができます。
この辺りが誰にでも楽しめるボウリングの良い所なのですが、
スコアを伸ばすには、次のプラスαが必要になってきます。

その一つが、再現性=安定した投球です。
初心者の間は、自分の投げ方(スタイル)が決まっていないため、
投球が不安定でスコアに結びつかないのだと思います。
そこで先ずは、投球ムラをなくす事が優先課題となります。

もう一つが、観察です。具体的には、
立ち位置、目標、軌道、到達点、残りピンなどなどの観察ですが、
最低でもボールの通過点と到達点は、しっかりと観察する必要があると思います。

この事により、原因と結果を押える事が出来ますから、次の対処方法につながります。
観察結果を元に、仮説を立てて次の実験を試みる=アジャストをして、
結果(スコア)につなげていく作業の繰り返しだと考えています。
基本的に上級者の方は、この辺りの能力が長けているのだと思います。

先ずはこの2点を追求していけば、また次が見えてくると思います。
でも実は、この2点は永遠の課題で、ここがボウリングの奥深い所でしょうね。

2007.04.28 | テクニック関連 | トラックバック(0) | コメント(0) |

こんなことをわざわざ記事にすることも無いのですが、
初めて行った滋賀県でしたので、たまには、違ったネタでもと言うことで‥。

博多から朝8:30発の新幹線に乗って京都で下車。
琵琶湖線に乗り換えて大津まで行き、
そこからは、車で山道を約1時間ほど走って、
目的地の甲賀市までたどり着きました。

帰りは、JR草津線貴生川(きぶかわ)駅から電車に乗って京都まで出て、
そこからまた新幹線で博多まで戻ると言う日帰りコースでした。

今回は、下見程度でしたから駆け足スケジュールでしたけど、
生まれて初めて琵琶湖を見ましたし、また狸の置物で有名な信楽町も通りましたので
結構なディスカバー・ジャパン(かなり古いフレーズですね)の出張でした。

残念ながら道中でボウリング場を発見する事はありませんでしたが、
次回は、どこかに立ち寄れるようなスケジュールになると良いですね。

2007.04.27 | 休閑話 | トラックバック(0) | コメント(2) |

練習量が増えたことと、先週は、ボウリング率75%とやや酷使してしまったために
薬指の第二関節に腫れと痛みが出るようになりました。

こういった時は、すぐに練習を止めて医師の診断を仰ぐのが一番ですが、
私は、以前同じような症状で診てもらった時の経験がありますので、
今回もそのように対処しています。

腱鞘炎や今回のような腫れと痛みは、筋やその周りの筋肉が硬くなって
血液の流れが悪くなっている状態なので、マッサージが効果的だそうです。

また予防的には、関節部分にテーピングをしておくと良いとの事でした。
このため私は、いつもテーピングをして予防に心がけていましたが、
今回は、それ以上に使い過ぎた事と、そもそもの筋力不足で再発したようです。

でも、まったく休んでしまう必要もなく(ボールがもてないほど重症の時は別ですが)
2、3日も置いて投げれば、次第に回復して来る事も経験済みなので、
今回も少し練習を控えめにして、様子を見ています。

実際、以前よりも腫れが引いて関節の周りのシワもハッキリしてきましたので、
恐らく大丈夫だと思います。

また、その他の対処方法として、スパンを短くする事も教わりましたので、
今回は、ベベルを取る方法ではなく、ややきつめだった
フィンガーグリップの方を削って、大きく緩めに調整してみました。

さらに筋力UPのためには、腕立て伏せが効果的とのアドバイスも頂きましたので、
この辺りの筋トレも合わせてやってみようと思います。

2007.04.26 | 休閑話 | トラックバック(0) | コメント(3) |

スピードと回転の増量に取り組み始めて、約2ヶ月が経過しました。
手前味噌と言うか、自画自賛と言うかほとんど自己満足の世界で恐縮ですが、
なかなか良い感じです。(^_-)-☆

練習用にドリルしてもらったボールを最初に投げた時は、
フレアの本数も3、4本で幅も3cm程度でしたし、
スピードにもかなりバラつきがありましたが、
最近のフレアは、7、8本。スピードも少しずつ安定して来ました。

スピードが実際にどの程度UPしたかわ分かりません。
やっと人並み程度になっただけかもしれませんが、
ピンアクションの様子から、ボールの威力が増していることが実感できますし、
以前よりも「打てる」と言う感覚と自信が身に付いたように思います。

ここ数年間の練習の中では、
飛躍的な伸びとなりそうな予感さえしています。
(↑↑↑↑チョッと言い過ぎですね。)
月間アベ200UPも間近かも知れません。
なんちゃって、かなり自己暗示が入っていますけど、
目標達成に向けて頑張りま~す!

2007.04.25 | 休閑話 | トラックバック(0) | コメント(3) |

20070423230427.jpgPILOTから出た新製品です。
以前、斎藤孝氏の「三色ボールペンで読む日本語」
と言う本を紹介したことがありましたが、それ以来、
私も黒を含めた4色ボールペンを愛用しています。

でも、シャープペンシルも必要なので、
これまでは、ボールペンと合わせ2本持ち歩いていましたが、
今回この製品が出たことにより、1本だけの所持で良くなりました。

自分用と娘の入学祝を兼ねて2本買いました。

2007.04.24 | モノやコトの紹介 | トラックバック(0) | コメント(4) |

取引先の方からボウリングを教えて欲しいと言う依頼がありました。
事情を聞くと、年に2回ほど同業者による親善ボウリング大会があり、
この間あまりにも情けない成績なので、何とかしたいとの事です。

また単に大会での成績UPだけではなく、
日常的に趣味として楽しみたいと言う意向も持たれていましたので、
私ごときでよければと、依頼を受けることにしました。

教えると言っても私に出来る事は、極基本的な事と、自分が体験した事くらいなので、
どの程度役に立てるか分かりませんが、それでも初心者の方にとっては充分のようでしたので、先方の都合に合わせて、月1、2回の練習会を開く事になりました。

2007.04.23 | 休閑話 | トラックバック(0) | コメント(4) |

先週の土曜日から昨日の土曜日まででボールを投げなかった日は、
月曜日と金曜日の2間だけ。ボウリング率75%でした。(笑)

いつもは、50%前後なのですが、月一回の試合が重なったりして
私としては、チョッと投げ過ぎです。

練習回数も増えて、このところ薬指の第二関節に慢性的な腫れと痛みもありますし、
給料日前で、懐具合も寂しくなってきていますので、
今日は、日曜日ですがお休みにしようかと‥

でも、今日は「ボウリングの日」=220円/1Gですから、投げなきゃ損???
今日は、子どもと遊ぶ程度にして、とりあえず行ってみるかな。

2007.04.22 | 休閑話 | トラックバック(0) | コメント(2) |

本日、七隈でのおはようートーナメントで、今季1勝目を上げる事が出来ました。
しかも3ゲーム中2ゲームがノーミスと言う、我ながら満足のいくスコアでした。

若干遅めのコンディションでしたが、スピードUP練習の成果もあってか、
メガゾーンSを使用してもあまりボールを大きく動かすこともなく、
8枚目辺りを軽く外出しするラインを基本に、
中盤から2枚程度平行移動するくらいのアジャストで、
最後まで投げとおす事が出来ました。

3G目は、パンチアウトすれば、「ななファミ賞」の目もあったのですが、
ギャラリーから「7-10に気をつけるように!」と言われたとたんの10フレ1投目。
暗示に掛かったかのように、7-10残りとなりそうな様子のところを、
辛うじてメッセンジャーが10ピンを倒してくれましたので、
ノーミスゲームは、達成する事が出来ました。

結果的には、1G目で7番と10番のスペアミスをしたことが、後半に生かされました。
7番を右にミスり、10番を左にミスりましたので、
7番に対しては、立ち位置を3枚右へ移動、10番に対してはミスをしたレーンだけ
立ち位置を一歩前にして体の向きを気持ち右向けて投げたところ、
以降のカバーミスがなくなりました。
20070421141933.jpg
今回のスコア⇒181、225、249 計655
 ave    strik    spare   open   cover 
218.3  54.5%  36.4%  9.1%  80.0%

2007.04.21 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(8) |

たいそうのタイトルですが、サンアローでのチーム戦です。
アウェーでの試合いは、久しぶりでした。

レンコンもやや遅めで、久しぶりにインサイドボウリングとなりました。
立ち位置25枚(左足内側)、目標13枚目辺りでスタートして、
ゲーム終了時点では、立ち位置で左レーン30枚目、右レーン32枚目、
目標15枚目辺りまで移動していました。

久しぶりのサンアローでしたので、感覚が今ひとつシックリしなかったのですが、
終盤をまとめ上げるパターンで何とかチームの足を引っ張らずに済みました。
他のメンバーも安定したスコアで、チーム2位の成績となりました。
20070420202034.jpg
今回のスコア⇒218、175、180 計573
 ave    strik    spare   open   cover 
191.0  42.4%  39.4%  18.2%  68.4%

でもよく見ると、イージーミスを多発していますね。(^_^;)

2007.04.20 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(2) |

20070420000108.jpg
stormからエルニーニョリターンズというボールが発売されています。
リターンズという名称から以前あったボールの 復刻版だと想像されましたので、オリジナルのボールの評価を聞いたところ、かなりの名球だったようです。
私のホームの吉○Pに聞いたところでは、当時ABSとの専属契約であったにも関わらずエルニーニョに関しては、自分も投げていたし誰もが投げていたと言ってもいいくらい一世を風靡したボールだったとの事でした。この度発売されたリターンズを既に投げている方がありましたら、是非、インプレをお聞かせいただきたいと思っています。

2007.04.19 | 用品関連 | トラックバック(0) | コメント(0) |

20070418234259.jpg
久しぶりに本の紹介です。
筆者は、病院長とその病院の管理栄養士の方です。

内容は、日本型食生活の勧めで、
ことに米(ご飯)を食べる事の大切さを紹介しています。

現代病の一つである、アトピーや花粉症などの
アレルギー症状の原因が、食品添加物で加工された食品と
油脂の摂取による影響が大きいと指摘しています。
このような食生活を、「ご飯、味噌汁、漬物、納豆」に変えるだけで、
食品添加物の摂取量が少なくなり、体質が改善されると言う論理です。

読んでみて全てにうなづけるわけではありませんが、
一理はあるなって気がしました。

食べ物や健康に関心がある方は、目を通してみては如何でしょうか。

2007.04.18 | 本の紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) |

一般的に女性は男性に比べるとパワーが劣りますので、
そのパワー不足を補う為に女子プロボウラーは、
できるだけピンアクションが良いボールを選んでいるのではないかと言う思いがあり、
女子プロボーラーが投げるボールのチェックを良くやっております。

Pリーグ第七戦の一次予選AグループとBグループとで使用された
ボールをチェックしたところ、次のような様子でした。

名和選手 ビッグワンJリミテッド(エボナイト)
金城選手 トータルNV(エボナイト)
姫路選手 ナノデスアキュライン(ABS)
浅田選手 ナノデスアキュライン(ABS)
津澤選手 ???AMB Immortal(ビジョナリー)または
       RawHammer TOXIC(ハンマー)ボールカラーから推測
中谷選手 XSR300(エボナイト)
酒井選手 XSR300(エボナイト)
高坂選手 アンフェアー(ハンマー)

プロ選手の場合、契約メーカーとの関係でその会社のボールを
使わざるを得ないとは思いますが、ややエボナイトが優勢のようです。
次回は、CグループとDグループの様子をお知らせします。

2007.04.17 | 用品関連 | トラックバック(0) | コメント(3) |

今月発売のボウリングマガジン5月号は、
ボールリアクションガイドの特集号でしたので、
自作データの方も更新してみました。

ブランズウイック編 フューリー、トータルインフェルノなどを追加

ストーム編 シフト、エルニーニョリターンズなどを追加

エボナイト編 トータルNV、プレミアムNVなどを追加

2007.04.16 | 用品関連 | トラックバック(0) | コメント(0) |

先月の友の会月例会は、6位入賞となかなかでしたが、今月は、さっぱりでした。

練習ボールの際に他のメンバーは、「速くて曲がらない。」と言っていましたが、
私は、メガゾーンSで6~7枚目真っ直ぐを投げて丁度良い入射角度でしたので、
内心「楽勝かも知れないぞ(^_^)v」とか思って、残りの練習ボールは、
7番と10番のカバー練習をして本番を迎えました。

ところが、始まって見ると「もうキャリーダウンしたの?」と思うくらい
ボールが突込み気味で、ラインを探しなおしているうちに1G目が終わりました。

2G目も単発では、目が覚めるようなストライクが来るものの
次の投球でのカウントダウンとスペアミスでこれまたローゲーム。

3G目もスプリット以外は、カバーできたもののダブル1個だけでは、
借金返済もままならず、スコアが伸びません。

ロースコアながら次第に点は伸びて来ていたので、
ラストゲームで盛り返したい気持ちは充分あったのですが、
結局、ひと花も咲かせる事は出来きず、
次回ハンデを増やすのみの結果となりました。ウルウル(^_^;)
20070415163129.jpg
今回のスコア⇒145、153、175、158 計631
 ave    strik    spare   open   cover 
157.8  31.7%  36.6%  31.7%  53.6%

2007.04.15 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(2) |

練習のやり過ぎのたためか薬指の第二関節が強張って、若干痛みもあります。
今は、皮下鎮痛剤、マッサージ、テーピングなどを施していますが、
症状を気遣ってくれた方から、次のようなアドバイスを頂きました。

>薬指にはりが続く場合、少し薬指のスパーンを短くするとなおります。
>三角刀や紙やすりで親指の穴の薬指の方向だけ、ほんの少しべベルをいれると
>かなり違います。試してみてください。

私と同じような状況にある方は、参考にしてみてください。

2007.04.14 | 休閑話 | トラックバック(0) | コメント(0) |

子ども達が、ハンゲームやYou Tubeの動画を見るようになって
突然パソコンが再起動を繰り返す事態が起きるようになっています。

調べてみたところでは、STOPエラーと言う症状のようです。
対処方法としては、、ビデオカードの最新ディバイスドライバを
インストールすると良いみたいですが、メーカーサポートからの
ダウンロードファイルを見つけることが出来ません。

このため子ども達には取り合えず
「パソコンが壊れるかも知れないので、ゲームと動画は閲覧禁止。」
と言う事にしています。

2007.04.13 | 休閑話 | トラックバック(0) | コメント(0) |

20070412234911.jpg
ひと汗かいた後のビールは、最高です。

現在好きな銘柄は、サッポロエビスの「ザ・ブラック」と
サントリーの「ザ・プレミアムモルツ」ですが、
4月4日にエビスから「ザ・ホップ」と言うビールが、
新発売されましたので、試しに飲んでみました。

第一印象としては、ちょっとインパクトが弱い感じです。
プレミアムモルツ並みの香りを期待していましたが、随分と控えめな香りでした。
レギュラーのエビス・ビールとプレミアムモルツの中間的な感じでしょうか。

私にとっては、ちょっと中途半端で物足りない感じでした。

2007.04.12 | 休閑話 | トラックバック(0) | コメント(3) |

昨日の夜錬のゲームですが、久しぶりに自己ベストを更新しました。

レンコンは、左右ともおおむね同じような感じでしたが、
ウォーミングアップで投げた際に、レッドアラートリミテッドでは、
入射角度不足の印象がありました。

このため今回は、スピードアジャストは行なわず、
メガゾーンSにボールチェンジしてフルスピード、と言ってもやっと人並み程度、
での投球を試したところ、なかなか良い感触の曲がりで、
ボールアジャストでも行けるなって手ごたえを得ることが出来ました。

この結果、これまで650だった3Gハイシリーズをちょっぴり更新することが出来ました。
欲を言えば2G目6フレのガターがなかったら‥グヤジー!
でも今回は、ノーミスゲームが1つあります。大変よくできました。\(^o^)/
20070411000442.jpg
今回のスコア⇒237、182、255 計674
 ave    strik    spare   open   cover 
224.7  65.6%  24.1%  10.3%  70.0%

2007.04.11 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(7) |

本日4月10日は、次女の中学校の入学式でした。
小学校6年間は、スカートをはいたことがなかったので、
スカートとセーラー服姿に友だち(ほとんど男の子ばかりです)から
かなり珍しがられていました。
桜は、随分葉桜になっていましたが、寒くもなく暑くもなく穏やかな入学式でした。

と、同時に本日は、当ブログの開設記念日(2周年目)です。
趣味として始めたボウリングの試行錯誤の様子を記事にすることで
アドバイスを頂いたり情報交換が出来るのではないかとスタートしましたが、
パソコン上のやり取りに留まらず、リアルでの交友関係も広がり、
ボウリングライフを更に楽しいものにしてくれています。

課題は、山ほどありますので、まだまだブログのネタには困らないと思います。
これからもお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

2007.04.10 | 休閑話 | トラックバック(0) | コメント(4) |

北九州にホーム・レスの自立支援をサポートする
NPO法人「北九州ホームレス支援機構」と言う団体があります。

ウチの事業所もこの支援事業に少し関わっている関係で、
私もここの代表の方(牧師さんです)の話を聞いたことがあるのですが、
話を聞いてホーム・レスに対する認識不足や事実誤認を感じました。

ホーム・レスと言うと何だか少し目障りな敗北者のようなイメージを
私自身も持っていましたが、
・多くは好き好んでホーム・レスになった訳ではない事
(中には好きでやっている方もいるようですが‥)
・多重債務が原因で姿をくらましたケースが多い事
(弁護士に相談していれば債務も軽減できて逃げなくて良かったケースも多々)
・単に住む家が無いのではなく、社会との関係が絶たれている事
・社会復帰を望んでいる方も多い事
などなどです。

こうしたホーム・レス自立支援活動の一つとして、この度こんなCDが発売されています。
私は、熱心な支援者ではありませんが、今回このような形での紹介を思いつきました。20070409235440.jpg
CDの中身については、
↓↓こちらのHP(ホームページ)で試聴が出来ます。http://goinhome.seesaa.net/
またNPO法人「北九州ホームレス支援機構」に
興味がある方は、
↓↓こちらのHPも覗いてみてください。
http://www.h3.dion.ne.jp/~ettou/npo/

2007.04.09 | 休閑話 | トラックバック(0) | コメント(0) |

日曜日なので他のセンターへ行けば試合も開催されていますが、
今は、練習したい気持ちが優先していますので、七隈へ朝練に行ってきました。
練習であれば、同じ拘束時間と費用で倍のゲーム数が投げられますからね!

使用したレーンは、昨日と違いましたが、コンディションはほぼ同様な感じです。
早めのレーンに対して回転数を上げて対処する技術がありませんので、
一方のレーンでは、アドレスを低く構えてボールスピードを落とす投球をしています。
20070408150526.jpg
今回のスコア⇒200、192、200 小計592
          187、207、224 小計618 合計1210
 ave    strik    spare   open   cover 
201.7  56.9%  23.1%  20.0%  53.6%

いい感じのところで7-10に見舞われたり、
イージーミスもあったりしてますが、凸凹の少ないスコアでした。
スコア的にはまずまずですが、ノーミスゲームが一つも無いところが問題ですね。
スペアメイクの際の判断の悪さと集中力不足が、原因のようです。(^_^;)

2007.04.08 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(2) |

子ども会の予約により2ヶ月間お休みだった
七隈のおはようートーナメントが、再開しました。

今朝のレンコンは、左レーンがやや早め右がやや遅めと左右で異なる状態で、
現在ボールスピードUPに取り組み中のため、ボールスピードが不安定な私にとっては、
かなり厄介なコンディションでした。
20070407142243.jpg
今回のスコア⇒188、207、150 計545
 ave    strik    spare   open   cover 
181.7  40.0%  40.0%  22.0%  66.7%

1G目のスコアを見ると一目瞭然ですが、奇数フレームがやや早めのレーンです。
体が暖まった終盤では、遅めの偶数フレームでも加速気味になっています。

アジャストの方法として、ボールスピードは変えずにスタンスアジャストだけでの
対処をアドバイスしてくれる方もいるのですが、上手くいった実績が少ないため、
2G目は、左レーン(偶数フレーム)でのスピードを控えめにして投げました。

3G目も同様に対処しましたが、スペアミスの多発によりローゲームとなりました。
ボールスピードがあるに越した事は無いのですが、
コンディションに応じた適正なスピードと回転のバランスも重要のようです。

2007.04.07 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(0) |

昨日の夜錬での出来事です。

2-8-10のスプリットとなった時に、あまり考える事もなく、
普通に2-8を取りに行こうと、2番ピンの右サイドに当てる投球をしたところ
ボールが2番ピンの真ん中辺りかやや左寄りにヒット。
つまり思惑が外れた失投でした。

でも、2番ピンは、ほぼ真後ろに飛んで8番ピンを直撃。
と、まぁここまでは、時々あることでしたが、ナント!
8番ピンにヒットした2番ピンが、右に転がり10番ピンを倒したのです。

隣にいた練習仲間がこの様子を目撃していて、
お互いに顔を見合わせ、「何、今の?」「初めて見た。」って感じでした。
こんな事もあるんですねぇ~。

2007.04.06 | テクニック関連 | トラックバック(0) | コメント(4) |



動画を広めてポイントGet!
ちょびリッチ×山城新伍×ケンイシイのコラボプログラム。

動画を見ての感想。
なるパパ:「何じゃ?コリャ!」

http://www.chobirich.com/chome_chome/index.html

2007.04.05 | PR広告 | トラックバック(0) | コメント(0) |

と言うか、次なる課題と言った方が正確かもしれませんが、
スピードUPに取り組む中、新たな課題が出てきています。

確かにボールスピードがアップし、自己満足ではなく、
第三者やプロからも「投球が変わった、良くなっている。」と言われるようになりました。
単発ながら凄くピンアクションの良いストライクもチラホラ見受けられるようになっています。

が‥、スピードにムラがあります。
スピード優先でがむしゃらに投げているわけではありませんが、
リリース時の力加減やスイングが一定ではないようです。
また、時々右肩が下がり過ぎる事もあるようです。

今は、試行錯誤中ですから、ある意味仕方がないことかもしれませんが、
この辺りを修正して行く事が、今後の課題になりそうです。

2007.04.04 | テクニック関連 | トラックバック(0) | コメント(1) |

これは、あくまでも基本であり、初心者の段階では大切な事ですが、
ボールに威力を求めるような段階になると、この事に加えてさらに、
腕で投げる技術が必要になると言う思いに至っています。

男子プロであれ女子プロであれ、強いボールを投げているボウラーの投球を
VTRなどで観察していると、リリース直前にボールをグッと押し込んだり、
力強く振りぬくスイングをしている様子が伺えます。

つまり強いボール投げる為には、自然な振り子スイングだけではなくて、
腕や手首またはフィンガーでボールにパワーを加える必要があると言うことです。

私の場合で言うと、自然な振り子スイング止まりでしたので、ボールスピードも頭打ち。
ボールを積極的に押し込むことがなかったので、威力が今ひとつでしたし、
リスタイをつけても、その効用を実感する事がなかったのだと思います。

最近の練習の中で、少しずつ分かってきたことがありますので、
初心者のスイングからの脱却を図りたいと思っています。

2007.04.03 | テクニック関連 | トラックバック(0) | コメント(5) |

昨日の技術選集の記事の続きですが、
ブロークンリストであれストレートやカップリストであれ、
大切なのは、サムが抜けるまで手首を動かさない事だと書かれていました。

そして、手首を固定する方法として、人差し指と小指の使い方が紹介されています。

これまで人差し指と小指は、軽く添える程度にしか考えていませんでしたが、
人差し指と小指をボールにしっかり押し当てる事で、
手首の動きを抑える為のアウトリガー効果が得られると言うものです。

さっそく試してみようと室内でボールを振り回していたら‥、
「危ないので庭でやって!」とヨメさんに言われてしまいましたけど、(^_^;)
実際の所、手首の固定が強化されたようには実感できませんでした。
リストが弱いんでしょうね。ショボ。

次の練習では、リスタイなども使用して試してみようと思います。

2007.04.02 | テクニック関連 | トラックバック(0) | コメント(5) |

『強いボールを投げようと意識するあまり、アドレスから手首を内側に曲げて、
ボールを抱え込んでるボウラーをよく見かけます。
しかし、実際にボールをリリースする段階では、内側に曲げていたリストは
すっかり伸びてしまい、かえって落ちそうなボールを握りすぎて、
リリースポイントを遅らせてしまっているケースがほとんどです。
ボールを曲げたいと思うのはいいとしても、
まずリストワークには段階があるということを先に理解してください。
そしてその段階の効果を早める要因となるのがドリルです。』
上記は、BOWLNG技術選集Remix(第1集)の中にある
「よくわかるドリル講座」(P60)の一文です。

基本を押さえなおそうと思って読み返していたら、目に入った文章ですが、
次の練習でやってみようと思っていたことを見透かされた気がして、
正にご指摘の通り、お見それしましたって感じでした。

また別ページの水野プロのワンポイントアドバイス集のコーナーでは、
「必ずしも手首でボールを抱え込まなくても、スイングが安定していて
ストロークが大きければ、回転数も直進力も付く。」旨の事が書いてあり、
まずは手首を動かさずに出来るだけ固定して、大きなストロークによる
ストレートリスを完成させる事が先決問題じゃないかって気になっています。

2007.04.01 | テクニック関連 | トラックバック(0) | コメント(2) |