このところ1投目のカウントの悪さが目立っていましたが、
先日投げたゲームでは、やや満足な結果が得られました。
0329.jpg
今回のスコア⇒215、171、222、173 合計781
 ave    strik    spare   open   cover 
195.2  46.7%  40.0%  13.3%  75.0%
10ピンカバー率は、4/7で57%。

この試合は、1ゲームごとのレーン移動と言うこともあって
これまでの成績は、アベ170前後とイマイチの結果が続いていました。
基本的にどのレーンも同じオイルパターンのはずですが、
1ゲームごとのレーン移動では、移動先の様子が微妙に違ったりして、
前に投げたレーンの情報は、あくまでも参考程度です。
このためアジャストや攻略が上手く行かないことが、多々あります。

今回は、多少のアップダウンはあるものの、
内容的には、9本カウントが多い結果となり、一応満足でした。
いつもこんな感じだったら良いですけどね。

反省点としては、10ピンカバーミスの多さです。
9本カウントが増えても残りピンをカバーできなければ意味ないですよね。
練習は、してるんですけど…^_^;
もっと練習して精度を上げるしかないです。

2008.03.31 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(0) |

私がラインやアングルで悩んでいる時に、年配のオバ様がストライクをバンバン、
スペアもバッチリ決めて、ハイスコアを打ってる時があります。

もちろんベテランボウラーなのですが、
こんな光景を見ると、ボールスピードや回転の多さよりも、
自分の球質に合わせた投球の重要性が思い知らされます。
ボールの威力よりもコントロールの方が優先されるってことでじゃないでしょうか。

コントロールと言っても同じラインに乗せるだけでは不十分です。
スピードや回転の違いがまた異なる結果をもたらしますので、
厄介と言うかこれがまたボウリングの奥深いところですね。

2008.03.29 | テクニック関連 | トラックバック(0) | コメント(5) |

0324いつもなら夜錬は1時間ですが、
昨日は、子ども会の予約が一杯で練習できず、
また明日からは、出張で2日間投げられませんので、
今日は、2時間の練習にしました。
ところどころにイージーミスもありますが、
一応いつもよりも丁寧に確認しながら投げて、
このところの不調の原因を探ってみました。

今回のスコア⇒202、158、168、192、177、209、204
 ave    strik    spare   open   cover 
187.0  33.3%  42.7%  24.4%  63.5%
10ピンカバー率は、6/7で85.7%。

派手なゲームこそありませんが、200UP3個、ノーミスゲーム2個と
不調からの脱出の手掛かりとしては、まずまずの内容でした。

2008.03.24 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(0) |

0322.jpg
今週は、夜錬もほとんど出来ませんでしたので、
久しぶりな感じで朝錬してきました。
でも結果は、ご覧とおり。
今回のスコア⇒177、149、171、171、184、167
 ave    strik    spare   open   cover 
169.8  33.3%  42.9%  23.8%  64.3%

レンコンは、やや遅めで
ライジングを使うには少し無理があるコンディションだったかもしれませんが、
それにしても冴えないスコアです。
練習だからと言って遊んだわけではなく、チャンと真面目に投げたのに、
ストライクは少ない、スペアミスは多いと悲惨な結果。
ビッグゲームはおろか、200UPもノーミスゲームも程遠い状態です。

明日また出直そーっと。

2008.03.23 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(2) |

丁度1年前の今頃に回転とスピードの増量に取り組み始めました。
その取り組みの中でボール重量を15Pから14Pに変更し、一定の成果が得られました。
一時期は、月間アベレージ200UPまでこぎつけましたが、それも束の間、
数カ月間続いただけで、レンコンの変更と共に急降下です。
要するに優しいレーンに助けられていただけだったようです。

最近は、少し持ち直してきましたが、
スコア的には、昨年の今頃の状態と同じかそれ以下の所をウロウロしています。
昨年に比べると投球の質は、多少向上しているようですが、
まだ不安定でなかなかスコアに結びつかないって状態ですね。

まぁ焦らず、コツコツと練習を積み重ねて伸ばしていくしかないでしょうけど、
1年がかりでまた振り出しに戻ったような気がしています。
三歩進んで二歩下がるの下がる状態ってことのようですね。

2008.03.19 | 休閑話 | トラックバック(0) | コメント(4) |

ケーキ
昨日は、長男の卒業式(中学校)でした。
またホワイトデーでもあったのでバレンタインデーのお返しもかねて、
こんなケーキを買ってきました。

長さ50cmで店頭でのケーキ名もタイトル同様の「ちょっと長過ぎるロールケーキ」です。
フルーツたっぷりで、スポンジ生地もしっとりとして美味しかったです。

2008.03.15 | モノやコトの紹介 | トラックバック(0) | コメント(2) |

20~30ゲーム投げると随分安定してくると言うアドバイスに従って
ライジングの投げ込みを行っています。

昨晩の夜錬では、リーグ前のレーンメンテが行われたばかりの状態で、
久しぶりにかなりオイリーなレンコンでしたが、
スパット17、18枚目を軽く外出しするラインで良い感じのストライクが得られ
オイリーコンディションでの苦手意識が解消されそうな手応えでした。

この間投げた限りでは、15枚目前後を軽く外出しするラインを探れば
基本的にストライクポジションが見つかるような印象があります。

実を言うと、ボールカラーがあまり好みではなかったので、
積極的な購入意欲は無かったんですが、今となってはライジング様様で、
頼りになるメインボールとして、しっかりと位置づけられつつあります。

2008.03.14 | 用品関連 | トラックバック(0) | コメント(0) |

ライジングオイリーコンディションでも動くボールという位置づけで
ライジングを購入しました。
ライジングに関する事前情報として、
・朝一のフレッシュコンディションでも動くボール
・走りもそこそこに良くて奥でしっかり曲がりが出る
・アーク状の動きでイメージしやすく扱いやすい
・DHCツアー第3戦での宮城鈴菜選手の優勝ボール
などなどがあり、期待いっぱいでドリルを依頼しました。

初日投げた印象としては、概ね事前情報どおりで、まぁ悪くないかなって感じでした。
ロングオイルでは、アーク状と言うより、走って切れる印象すらあると思いました。
ピンアクションは、エボナイトなどに比べると地味ですが、しっかりピンを弾いてくれます。

オイルゾーンを抜けてからしっかり曲がりが出るので、厚めヒットになりやすい様子です。
このため先輩ユーザーからは、「薄め狙いが良い」とのアドバイスを貰っています。
0310.jpg
そして2日目の今日、
昨日の反省を踏まえての結果は、こんな感じでした。
今回のスコア⇒268、170、154、224、247
 ave    strik    spare   open   cover 
212.6  62.3%  22.6%  15.1%  60.0%

2G目途中からのアジャストに時間がかかったものの、
アジャストが決まってからの4、5G目の安定感は、なかなかなものです。
勿論10ピンカバーなどのスペアミスは、ライジングのせいではありませんので、
ストライク率62.3%と扱いやすさを評価すべきだと思っています。

2008.03.10 | 用品関連 | トラックバック(0) | コメント(4) |

姫路プロ
このところ出張や飲み会が続いてセンターへ顔を出せていません。
このためボウリングの話題が無く、ブログもオサボリが続いています。m(__)m
そんなわけで、ネタ切れ状態ですが、
画像は、この前のDHCツアーの時に姫路プロにもらったサインです。
ミーハーなおじさんボウラーぶりをご想像ください。

2008.03.08 | 休閑話 | トラックバック(0) | コメント(0) |

ノーミスゲームが少ないのは何故か?
・考えられる原因その1
 1投目におけるポケットもしくはヘッドピンのとらえ方が不十分である。
・原因その2
 その結果、カウントの悪いピン残りとなりスペアの難易度が高くなっている。
・原因その3
 10ピンカバー率が低い。

要するにコントロールが悪いってことですね。
最近4-7-10のスプリットが良く出ます。たまに取れたりしますが、
そんな曲芸よりもチャンとした1投目を投げるべきだと思います。

取りあえずは、オープンフレーム発生率1個/G以下を目標に
1投1投に集中して投げることから始めてみます!

2008.03.04 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(2) |

2月は練習量を増やしたこともあって、カウントゲーム数は43Gでした。
結果は、以下のとおり。
 ave    strik    spare   open   cover 
190.7  45.0%  37.7%  17.3%  68.5%
10ピンカバー率は、24/31で77.4%。
1月が最悪でしたので、それに比べると上向き傾向になっています。

最近リリースした後のレベレージ(最終ステップで十分に前後開脚した下半身が
バランスよく体全体を支えている姿勢)が保てず、体が右に倒れることが時々あります。
原因として、
1.リリースが早い
2.スライドしながら投げている
の以上2点が指摘されています。

DHCツアー観戦の際に見た、
中谷優子プロのビシッと決まるレベレージを参考にして試行錯誤中ですが、
フラットゾーンを長く取ることも合わせて調整中のためまだまだ安定しません。

2008.03.01 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(0) |