ユッコプロのブログによると
2月27日(土):長崎マリンボウル
2月28日(日):パピオボウル〈福岡〉
以上の日程で中谷プロがやってくるそうです。

パピオボウルに電話したところ、
17:00~の開催で4ゲーム3000円。
参加条件としてボウリングパンダの参加者とのことです。

ボウリングパンダ????って何?
調べてみたらこんなイベントでした⇒ボウリングパンダ
九州のごく一部だけでの催しですが、これはこれで面白そうなイベントですね。

2010.02.21 | モノやコトの紹介 | トラックバック(0) | コメント(2) |

P★リーグ第24戦Aグループに出場した酒井プロが、
ノーストライク、スリーオープンで146と言うスコアでした。

プロでもこんなことがあるんだと思いつつ、
このところ何だか気迫と言うか闘争心にかけるようなプレーが気になっています。

2010.02.14 | 休閑話 | トラックバック(0) | コメント(2) |

北九州での練習会では、スペアメイクについても新たな発見がありました。
柴田Pいわく「2-4-5は、正面からのラインがチョップが少ない。」で、
つまりスペアボールで正面から狙いなさいってことです。

私としては、2-8のカバーラインを押さえていると言う前提で
1投目のボールで取りに行くという考えでしたので、チョッと意外でした。

でもウチのセンターの吉野Pに尋ねても同様の答えでしたので、
プロや上級者の間では、常識なのかもしれませんね。
もしかして、知らないのは私だけ?

スペアメイクについては、ある程度は常識、定石があるんだと思いますが、
最終的には、自分で試した結果、自分の感覚に合って成功率が高い方法を
自分の技術として身につけて行くんだと思います。

そんな訳で、最近は2-4-5をスペアボールで正面から取りに行くことも試しながら、
アドバイスの検証をしています。

2010.02.11 | テクニック関連 | トラックバック(0) | コメント(6) |

ちょっと前に北九州での練習会に参加してきました。

福岡のトップ女子アマの一人のW○美和さんや松永プロの師匠の柴田プロに
日ごろの疑問を質問して、色々とアドバイスをもらいました。

この日のアドバイスで一番参考になったのが、スペアボールの投げ方。

オイルが十分あるレンコンでは、一投目と同じ投げ方でもボールは直進するので
10ピンカバーにも支障はないのですが、枯れたレンコンでは先で曲がりが出るので、
スペアボールを真っすぐ投げる技術が必要です。
私のようにボールスピードが遅めな場合は、特に必要とされる技術です。


これまでは、3本の指を一緒に抜く方法を試していましたが、
感覚的にはスイングやリリースが今ひとつしっくりとせず、
ボールの方向性にも少し不安な感じがありました。

今回教わった方法は、薬指を意識して立て回転で投げる方法で
中指をフィンガーグリップに入れなければ、
さらに直進性のあるボールが投げられるというものです。

まだ試し始めて間もない状態ですが、以前の方法よりも感覚に合っているので、
7番や10番ピンカバー率向上に向けて期待できるかも知れません。

2010.02.08 | テクニック関連 | トラックバック(0) | コメント(6) |

大石奈緒選手
昨晩、北九州の青山エースレーンのイベントに参加してきました。イベントのメインゲストとして招待されていたのが、ナショナルチームのメンバーであり、あのP★リーグで「田町の女王」と称さる大石奈緒選手。

女子プロほどの華やかさはありませんが、
素朴な可愛さがタップリありました。

1ゲームごとのレーン移動での6ゲームで
残念ながら大石選手と同箱になることはありませんでしたが、サインやツーショット撮影などしっかりミーハーしてきました。



ゲームの結果はと言うと、
初めてのセンターで1Gごとのレーン移動でしたが、
1G目225
2G目193
3G目181
4G目167
5G目208
6G目244
スクラッチ1218と年齢ハンデ5の加算があって
トータルで+48として23位辺りでした。

比較的分かりやすいレンコンでしたし、ピンも軽めで倒れやすかったんで、
もう少し打てても良さそうでしたが、好スタートながらも
その後は、4G目まで打ち下げてしまいやばい雰囲気。
でも最終6G目で一矢を報い、なんとか借金返済となりました。

使用ボールは、エヴォルブ。
途中、アジャストすれども10ピンタップを解消できない場面もありましたが、
最後まで使用して正解でした。

2010.02.01 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(4) |