ノーミスゲームの発生具合をざっと計算してみると、
7ゲームに1回程度しかありませんでした。

ノーミス達成のためには、
オープンフレームを作らないこと…当たり前やん!
そのための重要なポイントは、
・大きなスプリットを出さないこと
・1投目のカウントをよくすること
・7番・10番は絶対にミスらないこと
だと知人もいっていましたが、極当たり前のことだけど、
なかなか思惑通りに行かないのが現状です。

たまのノーミスゲームに達成感を感じているようでは、まだまだです。
集中力と丁寧な投球でノーミスゲームが当たり前になるようにしたいです。

2010.09.23 | 休閑話 | トラックバック(0) | コメント(2) |

土曜の夜は、リーグ。日曜日は、友の会月例会でした。
どちらも4ゲームを投げていますが、
いずれにもロースコが1個あってアベUPを図れていません。

ローゲームでは、簡単なスペアミスを多発させています。
でも一方で、それぞれにノーミスゲームがあります。
また1投目のカウントも比較的良かったんで少しは満足感もあります。

それに7つの10ピンのカバーでミスが無かったことと
10ピンよりも苦手意識が強い、3-10や3-6-10を
すべてカバーできたことに関しては今後の自信につながるかな??。
0918.jpg
今回のスコア⇒147、173、208、199 合計727
 ave    strik    spare   open   cover 
181.8  34.9%  44.2%  20.9%  67.9%
ノーヘッド2、スプリット4、テンピンカバー5/5で100%

0919.jpg
今回のスコア⇒214、217、158、184 合計773
 ave    strik    spare   open   cover 
193.3  41.9%  44.2%  14.0%  76.0%
ノーヘッド1、スプリット3、テンピンカバー2/2で100%

2010.09.20 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(0) |

以下、ユッコサポのスキルアップコーナーからの抜粋です。

『一つのボールで試合に臨む時代から、今は複数のボールを使いこなすことが
ハイスコアへの重要なポイントとなっています。
私も、両手、背中にバッグを背負って・・・というのは冗談ですが、
試合会場には6~8個のボールを持ち込みます。

練習ボールで初めに投げるのは、
「走って切れるボール」ボールの曲がりだす場所を見て
オイルの長さをチェックします。

朝一のレーンはクリーニングが効いていて、
ボールの反応が過敏になり過ぎることが多いので、ほとんどの場合は
このボールよりも一、二段階「角の出ないボール」を使うことになります。

その後、オイルが伸びてきたと感じたら初めに投げたボールを使い、
よりレーンが遅くなってきた時には「走って先で切れないボール」を
タイトなラインで投げるか、内側のオイルがしっかりある場合は
「オイルに強く大きいラインで戻ってくるボール」のどちらかを選びます。

このパターンは、ウッドレーンと合成レーンによっても違ってきますが、
皆さんもお持ちのボールの性質をもう一度見直して、
オリジナルのボールラインナップを作ってみてください。』

2010.09.18 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(2) |

昨晩のリーグは、久しぶりにハイスコが望めるレンコンでした。
でも私は、打ち上げることが出来ず要反省です。

私のノーミスゲームは、連続で3回くらいしか続いたことがないのに
知人がノーミスゲームの連続記録を14に記録更新したと聞き
この日は、いつもよりも丁寧に投げることを意識しました。

その結果、1G目はなんとノーミスゲームでした。
やれば出来るじゃん。と思いつつBOX移動。

2G目は、1G目よりも遅めで少し違う雰囲気を感じつつも
5枚目付近を投げていたら4フレで3-6-10を残した上にスペアミス、
5フレではリリースミスのガターで連続オープン。
投球ラインを決めきれないまま探りながら投げていると、
その後もミスとスプリットでスコアダウンです。

3G目は、中盤まで辛抱してスペアを拾い、
6フレからの3連発で200UPが見えてきたのに、
10フレで取れたと思った2-4-5をチョップしてノーミスも水の泡。

4G目も4フレで簡単なはずの4ー7をスパットミスで外してしまい
ここでもノーミスゲームを逃しています。
ノーミスゲームの記録更新は、3ゲームでも程遠いです。
0911.jpg
今回のスコア⇒216、149、200、182 合計747
 ave    strik    spare   open   cover 
186.8  39.0%  46.3%  14.6%  76.0%
ノーヘッド3、スプリット2、テンピンカバー5/5で100%

2010.09.12 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(4) |

今年は、ユッコサポの福岡支部大会は開催されないようですね。
これまで代表を務めていたN田さんは、5月に支部長を辞任されているようです。

今後の福岡支部運営についての情報はもちろん
現状につていの報告も連絡もまったくありません。

単なる一会員で新参者の私に何ができると言う訳ではありませんが、
チョッと気がかりです。

2010.09.11 | 休閑話 | トラックバック(0) | コメント(2) |

心配された台風9号は、この辺りでは何事も無く通過しましたが、
私の仕事の方が、嵐になっています。

結局夜錬も自粛して自宅残業…早く通過して欲しいです。

2010.09.09 | 休閑話 | トラックバック(0) | コメント(0) |

少し前の進路予想図では、前回と同じようなコースだったので
大した影響は無いと思っていたら、いつの間にやらコースが南下しています。

勢力は、それほど大きくないんですが、今日の夕方あたりがヤバそうです。
夜練は、自粛かな?

2010.09.07 | 休閑話 | トラックバック(0) | コメント(0) |

2週間前から新シリーズがスタートした「おはようトーナメント」ですが、
前回、ロースコ三昧の果てにブービー賞となり今週はハンデが47。

もちろん前回は、ハンデを稼ぐためにいい加減に投げた訳でもなく、
真面目に投げた結果がこうなってしまっただけで、実力のなせる業なんですが、
今回は、久しぶりにアベ200UPを叩き、これに+47で余裕の優勝となりました。

レンコンは、ややオイリーで特に8枚目付近よりも中のオイルが厚かったので
多くの人は「曲がらん!」と言ってスコアを落としていましたが、
私にとっては、6、7枚目をゆっくり投げてやるとポケットにボールを
集めることが出来るコンディションでした。

でも、ストライクに出来るのは片方のレーンだけで、2G目までは
もう片方のレーンでのストライクが来ずに、ダッチマンペースとなっています。

3G目にやっとラインが見つかって連発モードになったんですが、
6フレ、8フレをスプリットにしてしまって、スコアを伸ばせませんでした。

肝心なところでスプリットがでるのは、
投球に安定感が無いのと集中力不足ってことでしょうね。

0904-1.jpg今回のスコア⇒215、184、211 合計610
 ave    strik    spare   open   cover 
203.3  60.6%  27.3%  12.1%  69.2%
ノーヘッド0、スプリット3、テンピンカバー2/3で66.7%

2010.09.06 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(2) |

前述の難しいレンコンを唯一打ち上げていたのは、
板目を真っ直ぐ投げて先で少しボールが動く球質のボウラーでした。
板目をたくさん使って曲げるタイプのボウラーは、ほとんど攻略できてません。

ベタレーンは、中遅に感じるためインサイドからのラインを探りがちですが
このレンコンでは、どんなにラインを絞ってもポケットをヒットするのは困難で
ラインをあれこれ探っているうちに、ビッグフォーを始めとする
スプリットに見舞われてスコアダウンという罠にはまってしまいます。

特にドライゾーンで敏感に反応するボールはNGで、
ロースコ多発の餌食になり易いようです。
このため、もしインサイドのラインを使うのであれば、
切れが悪くなったヘタリボールの方が被害が少ないと思われます。

攻略に必要なのは、正確なコントロールと適正なボールの選択ですが、
コントロールに難がある私のようなボウラーにとっては、
かなりハードルの高いレンコンです。

また対処の心構えとして「レーンと喧嘩しないこと」と
「スペアをきっちり拾うこと」がいつも以上に重要なポイントですが、
普通のレンコンの時でもまともにスペアが取れていない状況では、
当面アベレージの向上は図れそうにもありませんね。

2010.09.01 | テクニック関連 | トラックバック(0) | コメント(2) |