久留米のS坊さんと大分のりらこさんとの会話がきっかけで
開催されることになった日田でのプチオフ会に私も参加してきました。

行きは、20数年前に仕事で時々通っていた朝倉街道を懐かしがりながら
紅葉も眺めつつゆっくりとドライブして会場へ。

日田アストロボウルは、ウッドレーンのセンターで
リサーフェイスし立ての真新しい色白のレーンでした。

レンコンは、オイルパターによるとベタの40fで
七隈でも難儀したアベ150程度しか打てない苦手のオイルパターンです。

おまけに午前中に一般客が投げた後だったようで、
最後まで投げるところが定まらないし、
スペアメイクも容易ではない厳しいコンディションに翻弄されて
結果はやっぱり…
でも久しぶりに再開した皆さんと楽しい時間を過ごすことができました。

ゲーム終了後は、想夫恋本店で日田名物の焼きそば食べながらの表彰式。
協賛品や各自持ち寄りの商品が沢山あってとても良いオフ会でした。
また次の企画が楽しみです。

2010.11.23 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(2) |

来週の本大会に向けてセンターで開催された予選会に参加してきました。
参加チームは、13チーム。
参加者の中でウチのヨメさんだけが、唯一のハウスボール、ハウスシューズ。
しかもボウリングをやるのも昨年参加したこの大会以来なので約1年振り。

つまり我が家にとっては、年に1回ヨメさんとボウリングをやる日
という位置づけの参加となっています。

試合は、個人2ゲームとスカッチダブルス2ゲームの計6ゲーム。
結果は、ヨメさんのビギナーズラックが炸裂し、
ハンデ込みトータル1181ピンのスコアで3位となりました。

2010.11.14 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(2) |

世界女子バレーの今日の対戦は力が入りましたね。

世界1位のブラジルを相手に一歩も引けを取らない粘りの展開で2セット連取。
2セット目は、雌雄を決するまで35点までもつれ込む白熱の展開。

この勢いに乗じて、決勝進出が掛かる3セット目でしたが、
その後は王者ブラジルはを脅かしながらもあと一歩及ばず
3、4セット目を落とし最終ゲームの5セット目も力及ばずゲームセット。

残念ながら決勝進出は決められませんでしたが、実に見応えのあるゲームでした。
次回アメリカ戦で勝利して悲願のメダル獲得となることを期待ています。

2010.11.13 | 休閑話 | トラックバック(0) | コメント(0) |

3人チーム戦を投げてきました。
このイベントとの相性は良くて、センターで開催される大会の中では、
今のところ一番アベが高いです。と言っても185程度ですが…。

1G目があまりにも悲惨で、一時はどうなることかと思いましたが、
何とか持ち直して2G目はノーミスで200UP。
3G目はノーミスは逃しましたが、ストライクが続いてくれて、
1G目の凹みを穴埋めすることができました。

連続ノーミスは、まだまだですがストライクを続ける感触が戻って来ています。
1109.jpg




(今回のスコア)
153、207、231 合計591
アベ197.0 10番カバー率2/2で100%
(1ゲーム当りの個数)
・失投数      2.00
・ノーヘッド    0.67
・スプリット    1.00
・ストライク    6.00
・スペアメイク   3.33
・オープン     2.00
・連続ストライク 2.67

2010.11.11 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(0) |

やってくれましたね、川添プロ。
今年プロになったばかりなのに、先日のジャパンオープンで早くも初優勝。
しかも、決勝ゲームで2連続パーフェクトなんて信じられない快挙です。

最近の大会では、ほとんどTV決勝まで残っていたので
優勝も間近かとは思っていましたが、想像を絶する初優勝ですね。

眼力のあるすみ光保プロがエッセイで絶賛するだけのことはある大物です。
11月21日(日)20:00~21:00にBS11で放送予定らしいので、
録画を忘れないようにしなくては。

2010.11.10 | モノやコトの紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) |

本日届いたメルマガで知ったんですが、
東京の名門センターのひとつハタ・ボウリングセンターが
来年4月で閉鎖になるそうです。

素人の私でも名前だけは知っている名門センターですが、
経営は、厳しいんですね。

日曜日でも閑古鳥が鳴いているウチのセンターは大丈夫かな?
心配です。

2010.11.05 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(2) |

ボウリングマガジン11月号を読んでいたら
数ヶ所で目線とコントロールのことが書かれていました。

以下抜粋
>コントロールのためには、頭の上下動を抑えることも課題にしています。
>目線が動くと、どうしてもコントロールに影響するするので直したい…

>なぜ10ピンがうまく取れなかったのか?
>ラインイメージもうまく作れずに目線も決まらなかったからだと考えています。

>目は常にターゲットに集中しているのが分かります。
>バックスイングトップからフィニッシュまで頭=目は上下左右にまったく動かず、
ターゲットにロックオンされています。

ノーヘッドやスペアミス撲滅のための重要なキーワードとして印象に残りました。
自称アバウトボウラーの私ですが、今後の練習やゲームでの投球の際にも
しっかり意識したいポイントです。

2010.11.01 | テクニック関連 | トラックバック(0) | コメント(2) |