今年の投げ納めとして、七隈での王座決定戦に参加してきました。

参加資格は、毎月の友の会月例会の5位までの入賞経験者、
または年間アベ180以上の友の会会員で30名弱の参加。
結論から言うと、3位で投げ納め終了です。

予選を暫定3位で通過し、
準決勝は、2位以下3名での順位決定で
トップ1名が決勝戦進出となるシュートアウトでしたが、
2ピン差で3位となり、決勝進出は出来ませんでした。

タラレバで準決勝を振り返ると
2ピンなんてどうにでもなるようなゲーム展開でしたが、
これも実力だと次回に向けた反省材料にしています。

1点だけ良かったのは、8フレまでストライクが来ず、
このままでは4位転落が濃厚だったところを
9フレからのオールウエイで逆転し、3位を死守した粘りは、
今年の成長の証として自賛したい所です。

ゲームの詳細は、こんな感じです。
前半3G




予選前半3Gは、
1G目223 ノーミスで幸先の良いスタート。
2G目172 早くもオイルが伸びた感じでノーヘッドが3つ。
3G目194 ボールチェンジでの対処がやや成功。
奥が切れた感じのレンコンに常連の上位陣は、スプリットを多発させ
ロースコ気味の中を1G目の貯金とハンデ加算で前半643。
後半3G




後半は、、BOX移動で3ゲーム。
4G目176 似て非なるレンコンにモタモタ+イージーミス。
5G目175 スプリットでオープンフレーム2つ。
6G目182 あと1本が倒れない9本カウントにじっと辛抱。
その結果、ハンデ込みトータル1230で、予選を暫定3位で通過。
準決勝


準決勝のゲームは、また別のBOXで
思いのほかオイルが残っているレンコン。
ストライクは出ないし、一投目のカウントは悪いしで
嫌なムードでしたが、8フレのスプリットを機にボールチェンジして
9フレからのオールウエイで3位はキープ。
でも気がつけば2位とは2ピン差で、超くやしーい!結果。

2010.12.31 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(2) |

知人からの又聞き情報ですが、
NHKの「スポーツ大陸」と言う番組で川添プロの特番があるそうです。
詳細は、以下の通り。

(番組名)
NHKスポーツ大陸
~プロボウラー 川添奨太~

 (放送日)
・2月19日(土)よる11時~ NHK BS-1
・2月20日(日)あさ10時5分~ NHK総合テレビ

いずれも同じ内容の45分番組です。
ジャパンオープンでの川添プロの快挙を何とか多くの人に伝えたいと言う
ボウリングファンの希望に答えた番組編成らしく、なかなか見ごたえありそうす。

2010.12.24 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(0) |

最近の夜錬は、相変わらず投球後のフラツキを無くして
ビッシッとしたレベレージを保つことに注力しています。
かなり改善されて、概ね自分なりの感覚がつかめてきました。

現在までのところ、アプローチはゆっくり目に歩き、
5歩目のスライド足は素早く出してしっかり止まってから
スライド足へ重心を移動させるように心がけています。

スイングは、大きめの振りを意識して思いっきり
且つ、しなやかに投げるイメージですが、まだ不十分です。

またボールは、低い位置から出す方がフラットゾーンが長くなって
スピード、回転ともに向上するようなので、
適度に膝を曲げて腰を落とし、やや前傾姿勢気味の体勢から
ボールを押し込むイメージでフォロースルーすると良いみたいです。

それからボールがピンに到達するまでは、
そのままの姿勢で、しっかり見届けることも重要のようです。

2010.12.22 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(8) |

昨晩は、現在までのところアベ187と
ホームで開催される大会の中では、最もアベが高い3人チーム戦でした。

私のアベが高いって事は、比較的やさしいレンコンなのかもしれませんが、
なかなか相性が良い大会です。

今回もあまり難しいと感じるレンコンではなかったけど、
BOX6人で投げるので、レンコンの変化への対応力が鍵でした。

1G目は、バケットをミスっただけで、何とか200UP。

2G目は、オイルが伸びて薄目ヒットとなり始たのに対処したつもりでしたが、
微調整すると厚めに入ってスプリットとなり、スコアを落としています。

このため2G目10フレ3投目で、次のゲームをどうするかを考え、
大胆にラインを替えるかラインは替えずにボールチェンジかの選択肢から
ボールチェンジを選んで例のヘタリボールを投げたところ、
7番ピンタップでしたが、軌道イメージとしては悪くなかったので、
3G目は、ボールチェンジで行くことに決定。

3G目1フレで先の7番ピンタップを修正する投球したところ
まともなストライクスタートとなり、替え玉成功の手ごたえありです。

その結果、3フレからの5連発となって気分は爽快。
8、9フレと中断したものの10フレ1投目でもストライクが来たので、
「ヨッシャー、パンチアウトだ!」と思ったところが、
リリースが甘くなってヘロヘロボールになり、7本カウントでした。

メンタルと再現性に難ありですが、
スペアを拾ってノーミスで終了したので、上出来なほうでしょう。
1214.jpg
(今回のスコア)
212、169、236合計617 ave205.7
10番カバー率1/1で100%

(1ゲーム当りの個数)
・失投数      2.67
・ノーヘッド    0.67
・スプリット    1.33
・ストライク    5.33
・スペアメイク   4.67
・オープン     1.00
・連続ストライク 2.33

2010.12.15 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(2) |

東洋スポーツパレスのサンデーモーニングに参加してきました。

こちらは、エントリー費1,500円で3ゲーム。
ハンデが、年齢と性別ハンデのため上手い女性や高齢者が上位を占めやすい
大会ですが、七隈とは違い飛び賞が充実していて、
スコアの良し悪しに関係なくそれなりに楽しめます。

このため他センターの体験と練習を兼ねて仲間と時々参加しています。
レンコンは、週変わり設定で今週はやや長めのオイルパターン…だったような??

このセンターでは、同じボールを使っても七隈とは動きが違う印象なので、
納得のいくボウリングが出来ることはあまり無いのですが、
今回は、スコアは別として内容的には、ノーミス2ゲームと
ゲームごとにスコアを上げての終了は、良く頑張ったと自画自賛です。

ゲームを振り返ってみると、1G目は身体が目覚めていないのか
下半身と上半身の連動が悪くて投球が不安定な感じだったようです。

2G目で少しバランスが良くなっていますが、
ボールをしっかり投げるところまでは行ってません。
10番タップが多いのは、ボールやレーンではなく
スイングやリリースの問題だと思います。

3G目でやっとしっかり投げる感触がつかめて
ようやく10番ピンが飛ぶようになりました。
2G目にスペアを拾い続けた辛抱が実って、
3G目もノーミスで200UPすることが出来ました。
1212.jpg
(今回のスコア)
167、189、227合計583 ave194.3
10番カバー率6/7で85.7%

(1ゲーム当りの個数)
・失投数      1.00
・ノーヘッド    0.00
・スプリット    0.67
・ストライク    3.00
・スペアメイク   7.00
・オープン     0.67
・連続ストライク 1.33

2010.12.12 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(4) |

午前中”おはようトーナメント”に参加してきました。
レンコンは、先がクリーニングされていつもよりも良く切れ込む感じだったので
新しいボールやポリッシュ系は、敏感に反応してスプリットになり易いと判断。
こんな時は、動きが鈍くなったヘタリボールの方がラインに幅が出ると思って
練習用に使っている大昔のボールを投げてみました。

但し、ヘタリボールはピンの飛びがイマイチなのでタップが多いです。
このため丁寧にスペアを拾う辛抱強さが必要になります。

結果は、イージーミスは3G目の1個だけで、
ノーミス1つを含む比較的安定したスコアでした。
ハンデ込みの670でしたが、ミッションやインベージョンで
ガンガン打ってくるいつものメンバーは、案の定スコアを伸ばせず、
ハンデと1G目の貯金に救われて何とか優勝できました。
1211.jpg
(今回のスコア)
232、182、202合計616 ave205.3
10番カバー率5/5で100%

(1ゲーム当りの個数)
・失投数      0.67
・ノーヘッド    0.00
・スプリット    1.00
・ストライク    4.67
・スペアメイク   5.33
・オープン     0.67
・連続ストライク 2.00

2010.12.11 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(4) |

凄いですねー、川添プロ。
今年4月にプロになって、先月11月のジャパンオープンで
前人未踏のTV決勝でのWパーフェクトで初優勝。

そして全日本プロ選手権でも優勝です。
その結果、ポイント、賞金、アベレージランキングの全てでトップとなり
三冠王を獲得しています。

兎に角、凄い!!!

2010.12.06 | モノやコトの紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) |

日田でのプチオフ会に参加して、
重要な問題点についての気づきがありました。

それは、YASUOさんが撮影してくれた投球動画を見ての発見で、
レベレージの不安定さを改めて認識しました。

上手い人は、投球後のフラつきがほとんどありません。
一方、撮影してもらった私の投球フォームはと言うと、
難儀なレンコンにタイミングまで狂ってしまった最悪の投球フォーム
という言い訳もないわけではありませんが、
投球のブレや不安定さの原因となる重要なポイントの
改善命令として受け止めました。

で、現在の夜錬のテーマは、フラつかないレベレージで格好良く投げる。
であり、アプローチのテンポ、スライド足の出し方、
スライド足への体重移動などの点検を行っています。

2010.12.02 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(4) |