ホーム七隈での新たなイベント(大会)開催に向けて
センターと相談するための企画書を作っています。

七隈をホームとして投げるようになっておよそ6年くらいにりますが、
ただ単にお客として利用するだけではなく、
センターの運営状況が気になるようになってきました。

センターの近くに九州最大のマンモス大学があるので、
そこそこ経営は成り立っているようにも見えますが、
マイボウラー人口は、現役マイボウラーの高齢化や
若手が育っていないことなどで年を追うごとに先細り感があります。

センターの建て直しなどと大それたことは考えていませんが、
センターが潰れてしまっては、我々利用者も困るわけだし、
「賞品が悪くなった。」と愚痴るだけじゃなくて、
利用者として出来ることを提案して、マンネリや沈滞ムードの解消に
つなげたいと考えているところです。

2011.11.27 | 休閑話 | トラックバック(0) | コメント(2) |

今年の練習テーマは、「フォームを造ること、固めること。」として来ました。
なぜ今フォームを優先課題としているのかについて、上手く説明できずにいましたが、
マサルッチさんが的確に表現してくれいていますので、
以下、マサルッチさんのところからのパクリです。

>結局のところ…

>フォームの改良の目的は、2点に絞られると思います。

>①どうすれば…今よりも良い球が投げれるか?
>②どうすれば…今よりも失投を防げるか?

>つまり…球質と再現性の向上
>この2点がフォームの改良ポイントの柱になると思います。

>そして…この2点に共通する必要事項が、『レベレージポジション』だと言えます。
>後の部分は全てココに繋げる為のモノ…

マサルッチさんいわく、
「フォーム造りは、レベレージポジション造り。で全ての原点。」ってことみたいです。
私自身もスペアミスやスコアの乱高下の要因は、
フォームが出来ていないこととだと思ってこの間取り組んで来ましたので、
このご指摘は、とても納得できます。

ボウリングマガジンへの寄稿も秒読み態勢に入っているようですが、
今後の記事に期待したいです。

※レベレージポジション=最終ステップで充分に前後開脚した下半身がバランスよく体全体を支えている姿勢

2011.11.23 | テクニック関連 | トラックバック(0) | コメント(0) |

出そうで出ない日々が続いています。

ファームを固めると言う作業は、一朝一夕に出来上がるものではなく、
良い時とダメな時を行きつ戻りつして、練習の際に気づいたことや感触など、
整理されないまま断片的に残っている手応えをまるでジグソーパズルを
完成させるみたいな作業で、組み立てようとしてる感じです。

進捗状況としては、まだ納得できる状況ではありませんが、
組み立てに必要なパーツは、結構そろってきたかなって思います。

今日は、ホーム七隈での友の会月例会でしたが、
昨日久留米の知人たちと小嶺シティーボウルで行った練習会での
スイングとタイミングの良い感触が残っていて、
比較的安定したスコアを残すことが出来ました。
111120.jpg
199、202、191、203 合計795
ave198.8
10番カバー率5/5で100%


残念ながらあと一歩のところでノーミスにならないゲームが多いんですが、
どこかで割れたりミスったりでノーミスはやっぱり難しいですね。
これも投球フォームのブレや不安定さと関係していると思うので、
この辺りを改善できればワンランクステップアップできると信じています。

2011.11.20 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(2) |

勢いに乗った全日本女子は、今夜もアメリカをストレートで破りました。
ケニア戦以降は、最終戦まで連勝で飾っています。

昨晩のドイツ戦は、特に見応えありましたね!
私は、夜錬してたので第5ゲームしか見ていませんが、
フルセットまでの各ゲームとも白熱した展開で、
うちのヨメさんは、「息ができない!」って言って応援してました。

残念ながらオリンピック出場は、できないみたいですが、
世界ランキングNo1のブラジルを破り、
今大会1位のアメリカをも撃破した経験は、
次の大会への自信と飛躍に繋がると思います。

練習はしてるけど、足踏み状態でなかなか満足できる域に達しない私ですが、
全日本女子の戦いぶりに次の飛躍を信じて諦めずに努力する元気を貰いました。

2011.11.18 | 休閑話 | トラックバック(0) | コメント(0) |

三重県遠征から早くも1週間が経ちました。
遠征先では、ボールスピードUPのことや投球の際の目標のことなど
今後参考にしたいアドバイスを幾つかもらってきました。

ボールスピードに関しては、押し込みが不足しているとの指摘で、
改善策として流れを止めないアプローチ&スイングと
スライド足をもう一歩踏み込んでしっかり投げる事が言われましたので、
今やっているフォームの見直しの中に組み込んで行こうと思っています。

また投球の際の目標に関しては、
スパットじゃなくてラインをイメージして投げるとの事でした。
他には、立ち位置とカラダの向きが決まったら
投球ラインは自ずと決まるからあとはしっかり投げるだけって人もいましたけど…

ラインと言うのは、ボールを落とすところ⇒通過点⇒フッキングポイント
のことですが、私の場合ほとんど通過点のスパットしか見ておらず、
ラインとしては見えているようで実はしっかりとは見ていない。
だから同じスパットを通ったとしても角度がブレると違うラインになることに
気づき難いこと、そのためにコントールの精度が向上しないんじゃないか
とも思ったりして、この辺りも変えていこうと考えています。

またやることが色々と増えちゃいましたが、
ステップアップを期待してやってみるしかないですね。

2011.11.14 | 休閑話 | トラックバック(0) | コメント(0) |

土曜日の朝、福岡を出発。
福岡空港⇒セントレア空港⇒高速船⇒津と言うルートでオフ会会場へ入りました。

ネット上では10年来の付き合いで、
リアルでは博多スターレーンでのスポマスの際に1度お会いしたことのある、
三重県を代表するボウラーのひとりのCさんのホームです。

集まった他のメンバーも、大坂、奈良、京都、静岡など、
いずれも全国レベルの大きな大会で、上位に名を連ねるツワモノばかり。

そん中へ、久留米の知人と生涯修行ボウラーの私2人で参加してきました。
案の定、成績は惨憺たるもので自分の未熟さを再認識する場となりましたが、
弱点克服に向けた貴重なアドバイスなどももらったし、
新たな出会いもあったし、楽しい2日間でした。

オフ会は、ボウリングも勿論楽しいのですが、
終わったあとの懇親会がこれまた楽しくて、
今回は、安くて美味しい松坂牛のお店で盛り上がっちゃいました。

年に1、2度こんな集まりに参加して、
色んな刺激を受けてステップアップの材料にするのも大切だと思っているので、
明日からまた次の遠征資金をコツコツ貯める事にします。

2011.11.07 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(0) |

リーグの楽しみの一つに対戦相手を意識しながらのゲーム展開があります。
スコアを意識したり、先を計算するのは失敗の元とも言いますが、
無欲、無我、無心なんてのも楽しみが半減するような気がします。

凡人にとっては、ここでダブルが来れば…とか、ここでミスると…とか、
集中力や緊張感が味あえるのもマッチゲームならではの醍醐味です。

昨晩のリーグでは、なかなか面白い展開がありまして、ほぼ互角の相手に、
1G目は、終盤にターキーで追いついて10フレで逆転勝利。

2G目も不安な出だしでしたが、辛抱のスペアに8フレの4-5-7の
スペアメイクも加わって何とか勝利。

3G目は、比較的好調な出だしに安泰かとおもいきや
対戦相手が終盤のターキーで追いついて来てまたもや10フレ勝負。

私が10フレ2投目をスペアした時点で、
あと2ピン以上倒せば楽勝で勝利のはずだったんですが、
なんと3投目でボールを足首に当ててしまい、ボールは無常にもガターへ。
練習でも足首にボールを当てることはほとんど無いのに、有り得なーぃ!怒!
結果、1ピン差で負けちゃいました。

その後の4G目は、さらに悲惨なもので、
8フレまでにイージーミスも含めて7オープン。

3G目10フレのショックを引きずったのか、
投球フォームが崩れだしたのか、はたまたその両方の相乗効果なのか、
125のロースコを叩いてしまいました。
111102.jpg
194、166、179、125合計664
ave166.0
10番カバー率0/2でゼロ%


ちなみにレンコンは、厄介な41f位のベタレーンで、
さらに昨晩は、ピンデッキがクリーニングされていたようで、
より過激に反応する感じで厄介度が増しており、
アベ150前後がゴロゴロしておりました。

2011.11.03 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(0) |