友の会月例の成績が7月度終了時点でトップのK島さんと100ピン差でしたので、
「射程圏内!」と宣言したところ、K島さんを挑発してしまったみたいで、
何とニューボール(コードブルー)購入と言う対抗策を講じてきました。(笑)

8月の結果は、私の799ピンに対してK島さんは811ピンでしたので、
差が若干拡大してしまいましたが、まだ射程圏内だと思っています。

ちなみに先月6ピン差で3位だったT留さんは今月815ピンでしたので
順位が入れ替わり、私のポジションは10ピン差で3位となっています。(泣)

4位のY木さんとは、ピン差が215ピンと広がっていますので、
このポジションとの入替には、まだチョッとだけ余裕があるようです。

最終戦まであと3ヶ月(3回)。
トップとの差を詰めることと、この際アベ200UPも目指すことにします。

2014.08.31 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(0) |

前回は、アベ190を下回る事が少なくなったと言った矢先の180アベでしたので、
その原因と対策として、ボール素材とレンコンの相性の点検を考えました。

前回の反省と仮説を踏まえ、今回は、ソリッドリアクティブを止めて
ハイブリッド※のパーフェクト・アンギュラーワンを試しています。

※「ソリッドリアクティブでは噛みすぎるが、リアクティブパールでは走りすぎる」 という
両極端を解消するために、それぞれを適度に配合して使い勝手を広げる目的で開発されカバー。

レンコンは、毎回微妙に異なるのでの前回と同じ条件ではありませんが、
ボールの軌道イメージは分り易くて、全体的に投げ易い感じでした。
オイルが多めの時は、オイルに弱くて曲がりが少ないと言う印象だったので、
しばらく出番がなかったのに…ケース・バイ・ケース?ですね。
140824.jpg
3G目6フレは、魔が差したような失投でGマークを付けてしまいましたが、
普通に投げてスペアしていれば200UPしていた可能性は大です。

あくまでも個人的な感想と評価なので、参考にはならないと思いますが…
今回の検証により、現在のコンディションに対してハイブリッドは
比較的安定感があって有効なボールだと言うが印象が得られました。

次回以降は、パーフェクト・アンギュラーワンも含めたラインナップにしてみす。
ただし今回調子が良かったからと言って思い込みや決め打ちは禁物です。
その時の状況をよく観察して、臨機応変に判断します。

2014.08.28 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(0) |

現在のレンコンは、粘度が低いオイルが採用されているため練習ボールや
ゲーム開始時点では早いレンコンのように感じられても、
数フレーム投げると直ぐにボールが出て行かない感じになったりします。

そのことに加えて、バックエンド付近のクリーニングが効いているため
オイルゾーンを抜けてからのボールの動きがきつく出る感じになっているため
なかなか厄介なコンディションです。
アジャスティングが下手っピーなだけですね!?

対策として、この間の経験からスプリットにならないように気を付けることと
薄めストライクになるようなところを先回りして使って行くことがポイントだと思っていますが…
140823.jpg
1G目は、現在のコンディションに比較的合っていると思われるスピード・ロードを起用。
5フレで厚めのピン残りだたので6フレ以降中に入ったところ、
意外とオイルがあって薄めヒットを続けましたが何とか200UPでスタート。

1G目10フレの様子から2G目もスピード・ロードを続投させましたが、
フッキングポイント辺りにオイルがあるところと枯れたところが混在しているような感じで
不安定な動きに軌道イーメージがつかめないまま推移して170。

3G目は、スピード・ロードよりも板目を使わずに直線的に投げられる
プロアマ・レイダーに変えて様子を見てみました。

結果は、出だしは良さそうだったんですが、
中盤以降はまともなポケットヒットが少なく、ダボ一つだけで終了でした。

スピード・ロードは、結構走るボールですが、カバーはソリッド・リアクティブなので
それなりにグリップ力があるようです。

次回は、パールリアクティブかハイブリッド系のボールを試してみようと思っています。

2014.08.24 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(0) |

時々ロースコもやらかしていますが、3、4ゲームトータルでは
アベ190を下回ることがほとんどなくなっています。

昨年は、アベ190の壁がなかなか越えられない状況が続いていたのに
今のところ好調と言いていい感じで推移しています。

以前と何が違うのかと言ったら、特にこれと言って特筆することはないんですが、
1.ボールの通過点や動き、ピンアクションが良く見えるようになった。
2.オイルがある所で滑って無い所で曲がると言う単純だけど難しい現象の理解が深まった。
3.投球のブレが少なくなった。
練習の時は、フィジカル面では「再現性」、アジャスティングでは「観察・仮説・検証」を
重要なポイントとしてそれぞれのレベルアップを図ってきましたので、
この辺りが要因として考えられます。

投球に関しては、まだ試行錯誤中なので安定しているとは言えませんが、
これまで積み重ねて来たことがやっと結果に繋がり出したって事かも知れませんね。

2014.08.21 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(0) |

昨晩のプロチャレの結果です。
コンディションは、いつもよりも少しオイルがありそうだったので、
ハイロード・ソリッドでスタートしてみました。
140819.jpg
レーン移動後の3G目9フレまで使っていますが、
オイルが枯れやすいレンコンではスプリットが出やすくなる感じで
現在のセンターのコンディションでは、あまり使えないボールのようです。

このため3G目10フレでスピード・ロードにチェンジしたところ
4G目終了までスプリットも出ることはなく、ノーミスで終わることが出来ました。

今後は、スピード・ロードをベンチマークボールとして先発させようと思っています。

2014.08.20 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(0) |

昨日は、夜のシフトで友の会月例を投げてきました。

最近のレンコンは、やや遅めで先でもボールが良く動く感じなので、
スピード・ロードで先発しています。
140817.jpg
1G目は、3フレのイージミスがなければノーミス出来ていなのに…
でも、取りあえず200UPでスタートでした。

2G目は、外ミスするとオイルが無い所にハマって厚めヒット、
内ミスするとオイルに乗り過ぎて薄めヒットとなってのスプリットで2オープン。
この段階で、辛うじて200UPをキープして次の3G目をどうするか考えた結果、
中へ入ればまだ行けそうだと判断してスピード・ロードを続投。

しかし、思った程は出て行かず厚めヒットが多くて2スプリットのオープンに
連発無しで172と打ち下げムードになってしまいました。

そこで4G目は、最近リリーフ登板の期待に応えることが多くなった
プロアマ・レイダーを投入して借金返済に挑みました。

結果は……

3フレで10ピンカバーをミスらなければ、800オーバー出来ていたのに、
あと1ピン不足の799で終了。
しかし打ち下げムードを払拭して200UPで挽回できたし、
取りあえず先月までのアベレージ198は越えたので、ホッとしています。

2014.08.18 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(0) |

140812.jpg
練習ボールの時は、使えるかも知れない思ってハイロード・ソリッドを先発させましたが、
チョッと無理があったようで、6フレ辺りから早くもボールが出て行かなくなり、
厚めヒットのカウントダウンとカバーミスでロースコスタートでした。

ロースコのもう一つの要因として、アドレスまでのルーチンを見直していることが
影響してるものと思われます。詳しくは、別の機会に報告するとして…

2G目は、走りが良いスピード・ロードにボールを変えて投げたところ、ターキースタート。
その後は、スペアで辛抱してノーミスの210で1G目のマイナスを少し取り戻しました。

3G目は、1フレで厚めの3-6だったので2フレ以降は中目のオイルがある所を使って
出来るだけ出し過ぎないように心がけて投げたら7フレ迄の連続ストライク。
8フレは、チョッと出過ぎたのとオイルの枯れが重なったようで、
酷いスプリットになりましたが、まさかのカバーで命拾いしました。

しかし次のフレームでもスプリットを発生してしまい、意気消沈。
中盤まではビッグゲームの可能性があったのに、終盤の変化に対応できず伸び悩み。
トータルでもアベ200UPまであと一歩のところで終了しました。

2014.08.14 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(2) |

今年12月で還暦60歳を迎える年になりました。
世間一般的な行事の一つに、還暦同窓会と言うのがあるらしくて、
高校生時代の仲間たちとの還暦同窓会が長崎で開催されます。

県外に出た卒業生が参加し易いようにとお盆の帰省時期の開催になっているようです。
私の実家は、父親の退職と同時に転居したのでもうありませんが、一つの節目として、
生まれて成人するまでを過ごした所を一通り散策してこようと考えています。

2014.08.11 | 休閑話 | トラックバック(0) | コメント(3) |

7月度大会終了時点(32G)のトータル倒ピン数が、
6347ピンで2位の位置に着けています。

1位のK島さんとの差が99ピン、3位のT留さんとの差が僅か6ピン
と言う際どいポジションですが、4位のY木さんとは133ピン差です。

ちなみに昨年7月は、私が5976ピンで4位、
1位は、Y木さんの6298ピンとなっていました。

最終順位が決まるまであと4ヶ月ありますが、
失速しないようにして、ひたすら前を目指して頑張ることにします。

2014.08.10 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(0) |

7月の入力ゲーム数は、30ゲームで内訳は以下の通りです。

☆200UP    12G(40.0%)
☆170以下     4G(13.3%)
☆ノーミス      8G(26.7%)
☆アベレージ    195.0
☆10番カバー率  97.3%(36/37)
☆マーク率     88.6%
☆1G当り発生数
・失投数         1.73
・ノーヘッド       0.37
・スプリット       1.03
・ストライク       5.00
・連続ストライク   2.10
・スペアメイク     4.17
・オープン       1.60

先月よりもゲーム数は少なかったのにアベは200UP出来ていません。
原因は、失投とスプリットが多かった事によるスコアダウンです。
まぁ今年の目標は190UPなので、合格点ではあるんですが…

良かったのは、10ピンカバーを1回しかミスらなかったこと。
おかげでノーミスゲーム率がUPしています。

今後の課題は、??????
実は、投球の威力アップのために試していたことがあったんですが、
先日の4スタンスセミナーを受けて方針を変更しようと思っています。

2014.08.09 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(0) |

今回は、練習ボールの時点でベノム・ショックではボールが気持ちよく
出て行かない感じでしたので1G目からスピード・ロードの先発で臨みした。
140803.jpg

少しずつ中に入るアジャストで2G目終盤まで何とか持ったんですが、
8フレ、9フレで中に入ったつもりが厚めヒットとなるピン残りだったので
10フレでプロアマ・レイダーにバトンタッチしてみました。

プロアマ・レイダーは、昨年作ったボールですが、
先での曲がりが期待外れに弱かったので、日の目を見ないまま二軍落ちしていました。
少し前の夜錬で使ってみたところ、ショートオイルの枯れたコンディションでは
役に立ちそうな感じがしたので、今回始めてゲームで試してみました。

結果は、2G目10フレでパンチアウトした流れで3G目もしっかり仕事してくれたので
スピード・ロードよりも先まで行って切れ込むボールとして配置できると思いました。
しかし、良かったのはここまでで、

4G目も少しずつ中へ入るアジャストでそのまま行けるかと思ったんですが、
プロアマ・レイダーの特性?もしくは限界?を読み切れず失敗しました。

4G目5フレで厚めヒットだったことを踏まえて7フレで更に中へ入った結果は
入射角度が甘くなって薄めヒット。
この結果踏まえて9フレでは立ち位置を少し戻したところが、
ドライ化したエリアに捕まってスプリットを招いてしまいました。
偶数レーンでも全く同じ過ちを犯してしまい、ゲーム終盤でスコアは急降下です。

7フレ、8フレで薄めヒットとなった事への対応としては、
枯れて来ているところへ外出しするのではなくて、
恐らくオイルのあるラインを絞って直線的に投げるか、もしくはボールを
入射角度が稼げるスピード・ロードに変えて投げて見るかのとちらかが
正解だったのではないかと考えています。

残念ながら時間の都合で、仮説の検証は出来ませんでしたが、
次回は、同じ失敗をしないようにしたいです。

2014.08.04 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(0) |


前回受けたセミナーでは、自分のタイプの確認と取りあえず4スタンス理論を体験したって感じでしたので、今後引き続きトレーニングやサポートが必要だと言う思いから7月8日に発行された新刊を買ってみました。

この本では、主に廣戸氏が少年時代に経験したスポーツを通して
この身体理論に辿り着いた経過が4つのタイプの違いを交えて紹介されています。

この身体理論と自分のタイプをしっかり把握することで、
ボウリングのパフォーマンス向上につなげたいと考えています。

2014.08.03 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(0) |