先月は、820ピンでアベを199とし年間アベ200到達まで
あとプラス34ピンのところまでこぎつけていた友の会月例会ですが、
10月度は725しか打てず今回マイナス75。

先月917の自己ベストを経験したので、可能性はゼロではありませんが、
最終回となる11月度でプラス109ピンしないと200アベに到達できない
とても厳しい状況となりました。

今回打てなかった原因は、
1.ボールの選択失敗
2.アジャスト技術の未熟さ

今月に入って、トライバルよりもスピード・ロードの方がレンコンとの相性が
良い事は実感していましたが、練習ボールの印象でハイスコアが期待できる
トライバル・ファイヤーでも行けると判断して先発起用。

実際にターキースタートだったので、充分行けそうな雰囲気だったんですが、
終盤にかけてボールの動きが怪しくなり、2つのスプリトオープンで171。

2Gは、アジャストしてもあと1本が飛ばない感じのまま
連発無しの2オープンで168。(泣)

3G目は、トライバルと心中覚悟で続投した結果、終盤の4連発でやっと204。

打ち上げを期待した4G目でしたが、鳴かず飛ばずの凡打で182。トホホ!
141019.jpg
終了後、仮説の検証のためにスピード・ロードで投げてみたら
6連発を含むノーミスゲームで248だって。モー!

今回の悔しさを教訓にして、来月リベンジします。

2014.10.21 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(0) |

今年7月に受講して自分のタイプ(B1)を知ることができました。
自己診断では、B2だと思っていたので、
やっぱりちゃんとしたトレーナさんにチェックしてもらって良かったです。
実は、8月以降もリポーズの指導を中心にレッスンを受けていて、
軸の作り方やパフォーマンスの向上に取り組んでいます。

以下、レッシュ・プロジェクトのホームページからのニュース&リリースです。

11月2日(日)に4スタンス理論の創始者である、「廣戸聡一」先生が来福され、セミナーを開催します。
廣戸先生直々のセミナーは今なかなか受ける事出来ません!
しかもアクセスの良い福岡で開催で特に西日本の方には是非参加してほしいセミナーです。
今、マスコミで話題の4スタンス理論をこの機会に深めて見ませんか?

日時:
 11月2日(日)
 13:00~14:30
  ・4スタンス(基本編)
  (初めての方、基本をもう一度確認したい方)
 15:00~18:00
  ・4スタンス(応用編)
  (一度でも4スタンスセミナーに参加された方、基本編に参加された方、レッシュト
   レーナーに限ります。それ以外の方は参加不可)
場所:
 ジャザサイズスタジオ福岡城南
    福岡市城南区別府6―4-1
    (駐輪場あり 車は近隣コインPをご利用ください)
    《アクセス》
    *地下鉄七隈線「茶山」駅下車 城南学園通りを北へ 徒歩2分
    *R202バイパス「中村大学前」交差点から学園通りを南へ徒歩10分

受講料:
 基本編 6000円
 応用編 7000円
 *両方受講希望の方は、一度4スタンスセミナーに参加された方、1部の基本編に参加
  された方に限らせて頂きます。

申し込み方法:
 九州支部のメールアドレス niku.power.max@gmail.com に名前、連絡先、「基本、
 応用、両方のどれに参加希望」かを明記の上メールして下さい!

 *今回のセミナーは15歳以上に限らせていただきます。
 *同伴不可 (同伴の方にも料金はかかりますので、ご注意ください。)
 *今回のセミナーは先生直々のセミナーですので、年齢による割引等はございませんの
  で、ご了承ください。

問い合わせ先
TEL:08052514442
mail:niku.power.max@gmail.com
レッシュ・プロジェクト九州支部  二串まで

2014.10.16 | モノやコトの紹介 | トラックバック(0) | コメント(2) |

チーム編成は、友の会月例会実力No1のK島さん(ハンデ0)、
シニア月例会会長のT原さん(ハンデ15)、それに私(ハンデ2)3人です。

3人のハンデは、1G当り17でしたがK島さんが700ピン越え
T原さんと私が630ピン前後のスコアでトータル約1960ピンで優勝しました。

私のスコアは、以下のとおりですが…
3G目の10フレでまたしても詰が甘い投球でスコアを取りこぼしています。
今年中には、最後までキッチリ投げ切れる実力を何とか身につけたいです!
141014.jpg

2014.10.15 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(0) |

日曜日は、P★リーグのようなボックスごとの勝ち抜け方式に
予選2ゲームが不調でも敗者復活戦の3ゲーム目を制すれば、
ワイルドカードで決勝へ進めるとういうルールの大会に参加しまた。

オイルは45fと最近では珍しく長め。
練習ボールの様子からアウトサイドから攻めるラインを選択したんですが、
少し内に向けると厚めで、板目真っ直ぐ気味に投げると抜けてしまう感じとなり、
1G目は、ストライクのラインイメージが全くつかめないまま133と言うロースコ。

このため順当に勝ち上る路線は諦め、敗者復活戦に賭けるつもりで、
2G目を立ち位置やライン取りを変え、ボールも変えるなどレンコン探りに費やして、
スコアは1G目と同じ133でトータル266。

周りのメンバーから1ゲーム分のスコア?なんてからかわれたり、
133のトリプルキッドだったら笑えるとか、冗談飛ばしながら迎えた3G目。

良い感じでダボスタート。5、6フレで怪しくなったけど、
その後は微調整で持ち直して10フレもパンチアウト。
ハンデ込み209は微妙なスコアでしたが、
今日のレンコンは、上級者にとってもなかなか手強かったようで、
何とかワイルドカードを獲得して決勝へ進出。

決勝レーンでの練習ボールの際、
1G目開始時のラインを探ってみたら意外といい感触だったので、気持ちを切り替えて
アウト5枚目辺りから気持ち内に向けるラインを使ってみることにしました。

左レーンが右よりも少し早めでしたので調整のためにチョット出遅れましたが、
4フレからはストライクが続いて6連発。

他の対戦者3名のスコアをチラ見した感じでは、ダボひとつくらいでしたので、
この時点で「勝ったな!」って気持ちになって油断したかどうかは???ですが、
10フレで6本カウントの失投。オマケに2投目も1本だけ…(泣)

結局、10フレでダボを持ってきたハンデ27の人に3ピン差で負けて2位、
前回に続き詰の甘さとメンタルや集中力の足りなさを反省するゲームとなりました。

またゲーム終了後、予選が打てなかった原因を考えてみたんですが、
同箱で投げていた剛速球・高速回転のボウラーの投球ラインが
私のラインと被っていたことにより、オイルが削れたり乱されて
その影響が出たんではないかと…?
141012.jpg

2014.10.13 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(0) |

練習ボールの際に、トライバル・ファイヤーで10~15枚目付近、
スピード・ロードで5~10枚目付近を探った感触として、
スピード・ロードでアウトサイドを使うラインの方が10ピンタップが少なそうだったので
スピード・ロードを先発させました。
141011.jpg
1G目は、ボールが5枚目よりも外に出ると戻りが甘いことを1、2フレで実感。
その後は出し過ぎないラインを心がけましたが、6フレで失投。
7フレ以降は再度出し過ぎないように気をつけて182。

2G目は、1G目の失敗を繰り返さないように集中して投げたら6連発が来て
ビッグゲームの予感でしたが、9フレの9本カウントとカバーミスで237。

この時点でトップとは、70ピンくらい差がありましたので、
優勝争いには絡めないだろうと、やや諦めムードで迎えた3G目…

基本的な投球ラインは変えず、ピンアクションを見ながら微調整を加えつつの投球で
4フレから再度のストライクラッシュで6連発。
トップだった若手は、レンコンの変わり目に苦戦中なのか3オープンとなっており、
この時点で70ピン差をまくってスクラッチでは逆転した模様。

9フレをストライクにしてオールウェイすればななファミ賞の目もあるかも…と
脳裏をよぎったかどうかは定かではないけれど、肝腎なところで失投の6本カウント。

10フレは、パンチアウトで締めたものの終わってみれば
ハンデが多い若者に6ピン差で負けて2位でした。

タラレバにはなるけれど、3G目9フレを決めていれば、
ハイゲーム賞、七ファミ賞、逆転優勝の総取りだったのに、
メンタル力、集中力が課題となる痛恨の1投となりました。

2014.10.11 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(0) |

9月の入力ゲーム数は、30ゲームで内訳は以下の通りでした。

☆200UP    18G(60.0%)
☆170以下     4G(13.3%)
☆ノーミス      9G(30.0%)
☆アベレージ    206.3
☆10番カバー率  90.6%(29/32)
☆マーク率     86.5%
☆1G当り発生数
・失投数         1.30
・ノーヘッド       0.27
・スプリット       0.67
・ストライク       5.87
・連続ストライク   3.00
・スペアメイク     3.57
・オープン       1.47

先月は、ビッグゲームがひとつもありませんでしたが、
9月は、270UPのななファミ賞や900ピン超などがあったので、
内容的には、今年一番の出来になっています。

今回の結果は、やっぱりトライバル・ファイヤーの貢献によるものですね。
30ゲーム中13ゲームで使ってアベ223は出来すぎです。

2014.10.02 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(0) |