FC2ブログ
190519.jpg
先日ochanさんからいただいた
アドバイスを試してみました。

アブラロンを1000番、2000番、
4000番と当てて投げてみたところ
スペアボールが突き抜けてしまう
直進性が改善されました。

スペアボールなんだから
まっすぐ走ったほうが良さそうなんですが
投げてから目標に到達するまでの
感覚というか

この立ち位置で、このスパットで
投げれば、このラインを通過して
スペアが取れるという自分なりの
イメージがあって、

アブラロンを当てたことにより
スペアボールを新調する前のイメージに
戻すことができました。

なのでスペアミスも
納得できるミスとなってます。(笑)

2019.05.21 | テクニック関連 | トラックバック(0) | コメント(2) |

surelinehard_black.jpg
スペアを取るのが難しくなってしまった。

これまで使っていたスペアボールの
フィンガーグリップ部分がかなり欠けていたり
トラック部分の傷もかなり目立つし
長年研磨して使っているので
きれいな球体ではなくなっているかも?
とか思ってスペアボールを新調しました。

新品のボールは、よく走ります。
前のボールよりも明らかに摩擦係数が低いので
直進性がハンパないです。

その結果、10番ピンや7番ピンは勿論、
他のピン残りのスペアもよくミスる。
立ち位置や角度で調整してますが、
直進のイメージ修正にしばらくかかりそうです。

2019.05.13 | 用品関連 | トラックバック(0) | コメント(3) |

bcv-1-860x484.jpg
もしあなたが、

売れる商品と売れない商品の違いを知りたい。
ヒットする広告と失敗に終わる広告の違いを知りたい。
ライバルの商品が売れて自分の商品が売れない理由を知りたい。
そもそも反応の取れる広告とは何か?を知りたい。


といったことに興味があるなら
きっとこちらの「現代広告の心理技術101」が
とても役に立つでしょう。

http://directlink.jp/tracking/af/1500877/OhCZrcqd/


なぜならこの本は数多くの実験結果から導かれた
「どうすればお客は行動を起こすのか?」という
顧客の行動心理を徹底的に解明した本だからです。


メルマガやアフィリエイト、
リスティングなどのネット関連の広告に限らず、

ダイレクトメールや雑誌広告などの
オフラインの広告に至るまで

文章で商品を販売する人間にとって
顧客が何を考えて、どう行動するのか
ということを”知っている”のは非常に重要です。


というのも、広告を見た見込客が
何に反応してどういうアクションを起こすのかという
「広告の心理学」を知ることで
実に簡単に商品を売ることができるからです。


そして、この「広告心理学」を知っていれば
高度なコピーライティングの知識も必要ありません。


この本は

・パワフルな広告、パンフレット、セールスレター、ウェブサイトの作り方
・あなたの言葉を人に信じさせる方法
・人にレスポンスを返させる「ずるい」方法
・「魔法のような」ヘッドラインを書くコツ
・広告で絶対にやってはいけないこと

などなど、あなたが何をどう売っていようと
こうした「秘密」を学ぶことができる
特別な一冊になることでしょう。

http://directlink.jp/tracking/af/1500877/OhCZrcqd/

2019.05.09 | PR広告 | トラックバック(0) | コメント(0) |