現在の10番ピンカバー率は、80%前後です。
更にカバー率の向上を図るために…シュアライン・ハードを注文しました。

現在カバーボールとして使用しているガントレットは、
結構使い込んだためにトラック部分がかなり傷だらけで、
ポリッシュしてもすぐに曇りが出て直進性が低下する状態になっています。

真っ直ぐボールを転がす投げ方を実践していますが、
先が枯れたレンコンでは、噛んでしまうためハードタイプに変更です。

2010.03.17 | テクニック関連 | トラックバック(0) | コメント(2) |

シュアライン・ハードお薦めです~。
スペアボールはこのシュアライン・ハードで
3個目ですがキズも付きにくいです。
少し艶が無くなって来たと思ったので、
ポリッシュすると新品同様になりました。

2010.03.17 21:18 URL | 寅 #- [ 編集 ]

寅さん(^o^)丿
より曲がりが出にくいハードタイプでスペア率が向上することに期待しています。
10ピンだけではなくて、他のカバーラインもしっかり押さえて
不得意なピン残りに対する不安定なカバー率をUPさせるつもりです。

2010.03.17 23:37 URL | なるパパ #MkgAoDiE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bowlingblognaru88.blog9.fc2.com/tb.php/1000-22eaea62