近くに有名なドリラーがいる訳でもなく、
reonoaさんのような職人芸でサムホールを削る技術もありませんので、
まったくの自己流ですが私なりにサムホールの調整を行っています。

調整の目的は、ボールの握り過ぎや指の負傷を解消する為に
サムホール内での親指の遊びを無くすことです。

20051112175644.jpg親指は扁平なのにサムホールは、一般的に円筒形(オーバルサムはありますけど)でドリルされます。
また親指を側面から観察すると、腹の部分から爪先にかけて肉付きが薄くなっています。
さらにボールを掴みますので爪の側にも隙間ができます。
この親指の腹側と爪側の隙間が、遊びの原因となるわけですからこの部分を緩衝材で埋めるように調整します。

20051112175726.jpg使用する素材は、発泡ウレタン(だと思う)です。
子どものパイプベットを購入した際に、緩衝材として付いていたもので、ケース入りの果物などに使われているものと同じ材質ですが、こちらの方がやや固めです。
以前は、インサートテープを重ね張りしたり、アジャストテープを試したりしましたが、何枚も張るのがめんどうだったり、指を入れた時の感触が固過ぎたりでイマイチしっくり来ていませんでした。

20051112175746.jpg作業は、簡単です。
幅1.5cm位のクサビを作り、それをインサートテープに貼ってサムホール内に取り付けるだけ。
インサートテープは、2.5cmタイプです。
始めのうちは、ジャストフィットの位置やクサビの大きさや厚さを見つけるのに試行錯誤が必要ですが、
すぐに慣れます。


20051112175800.jpgサムホールを真上から見るとこんな感じです。
無知な素人のズボラ仕事ですから、
ピッチやスパンを台無しにするとのご批判もあるかも知れませんが、現在までのところ不都合は特に感じていません。
むしろ指の皮がむける事から開放されましたので、
改善になったと思っています。

ご意見やご質問があれば、遠慮なくお寄せください。

2005.11.12 | テクニック関連 | トラックバック(0) | コメント(2) |

3枚目の画像のどの部分が1.5cmになるのでしょうか?
まだよく理解できていません。

3枚目の画像の手前側の直線部分をサムソリッドがわにあてて(Rのある方が指側)、テープで押しつぶすように貼るということでしょうか?

2005.11.12 20:42 URL | ochan #kLoia8aY [ 編集 ]

ochanさん(^o^)/
やっぱりインサートテープに貼り付けた画像があった方が分かりやすかったですかね。
1.5cmと言うのは、3枚目の画像の高さに当る部分、2枚目の画像右端の短い辺の長さですが、あくまでもインサートテープの幅内に収まるサイズの目安です。
貼り方は、ochanさんの理解どおりですOKですが、
ソリッド側になる方は、ソリッドのカーブに合わせて角の部分の面取りをしてやると
収まりが良く、インサートテープの着きと押さえも良くなります。

2005.11.12 22:49 URL | なるパパ #MkgAoDiE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bowlingblognaru88.blog9.fc2.com/tb.php/102-74947837