クリスとマイケル

昨晩、北九州の小嶺シティーボウルで開催された
クリス・バーンズPとマイケル・フェーガンPとのチャレンジマッチを
チョッとだけ観戦してきました。

Sky-Aの番組では良く見ていますが、実物は、思ったよりも普通の体格でしたね。

マイケル選手は、ニヒルであまり笑わない人かと思っていたら
クリス選手よりも笑顔を振りまいていましたし、あのテンポのあるアプローチと
しなやかなフォームのナマ投球を見れたのは良かったです。

クリス選手も、1フレから7連発とした後の8フレで4-10とした残りピンに対して、
一度に2個のボールを投げるというPBAらしいパフォーマンスを披露してくれました。

またホームグランドの利があったのかもしれませんが、
松永裕美Pの1G目は、280。これまた流石でした。

2010.05.27 | 休閑話 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bowlingblognaru88.blog9.fc2.com/tb.php/1025-7a1263ae