ボールは、オイルがあるところで滑って、オイルが無いところで曲がる。
その様子を良く観察して、できるだけ多くのピンを倒すだけの単純なことですが、
オイルがどんな状態になってるかは、目には見えないし、
ポケットヒットのラインがあったとしても
約18メートル先の目標に向けて毎回同じように投げるのは
生身の人間にとってはかなり難しいし、レンコンも刻々と変化するし、
難しいことだらけですが、面白いですね、ボウリングって!

2010.06.23 | 休閑話 | トラックバック(0) | コメント(2) |

ホントにそうですね。だから奥が深い。
同じセンターなのに隣のレーンとは癖も違う。
朝と夜ではその表情はもう変わってる。
同じレンコンは二度と無い。
常にプロが勝つとは限らない。

こんな競技は他に無いかもしれませんね。

2010.06.24 16:18 URL | KYO #- [ 編集 ]

KYOさん(^o^)丿
マイボウラーに成ってもうすぐ10年目です。
試行錯誤の繰り返しでなかなか上達しませんが、でも、
飽きるどころかその奥深さにますますハマッております。
ジジィーになっても続けていることでしょう。(笑)

2010.06.26 18:05 URL | なるパパ #MkgAoDiE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bowlingblognaru88.blog9.fc2.com/tb.php/1037-438c128f