先週土曜日のリーグは、Y野プロとの対戦でした。
プロは、マイナス10ピンのハンデでなんすが、
いつも、トータルで軽く100ピン以上離されて全敗です。

この日も全敗覚悟でしたが、なんと1勝2敗1引き分けと善戦しました。
勝ったのが、151の2G目ってのが笑えますが、
Y野プロは、スプリット出まくりのローゲームでした。

惜しかったのが、引き分けとなった3G目。
9フレからの3連発で追いついて、10フレ3投目が7本以上なら勝てたのに、
最後はあれっ?の6本カウント。

何で3連発の後に、6本カウントなのよって思っちゃいますが、
事実は小説よりも奇なり…これも実力でしょうね。

4G目も8フレまでは、粘っていたのに9フレのビッグ4を機に自滅しました。
0703.jpg
今回のスコア⇒182、151、217、179 合計729
 ave    strik    spare   open   cover 
182.3  51.2%  27.9%  20.9%  57.1%
ノーヘッド8、スプリット2、テンピンカバー2/2で100%

このリーグのメンバーは、ほとんどが私よりもアベが高い方ばかりです。
このため上位へ食込むのは、なかなか難しいのですが、
徐々に末席から脱出しつつあります。

ウチのセンターでも練習はするけど、試合には出ない方を見かけます。
でも上手くなるためには、試合に出るのが効果的だと思います。

「まだまだ下手っぴですから…。」って尻込みしていては、
上達のためには遠回りのように思います。

なかなか上手くならない私が言うのもなんですが、
試合の中で自分と同レベルの仲間と競い合ったり、
レベルの上の方たちにギャふんと言わされたりしながら、
自分に足りないものを見つけて、その部分を練習で補正していくってのが
良いんじゃないでしょうか?

特にマッチゲームには、ゲームの流れとかプレッシャーのやり取りとか
他には無い緊張感などがあって面白いです。

2010.07.08 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(2) |

どこかで『気付き』がないと、
本当に意味での上達は望めませんものね。

そのための一つの手段として、
試合は役立つ要素が多いですね。

2010.07.09 05:42 URL | torokakke #ON.WrTpo [ 編集 ]

torokakkeさん(^o^)丿
自分がどんな楽しみ方をしたいかにもよると思いますが、
試合は、技術の向上にもつながるし
社交の場にもなるので、是非お勧めしたいですね。

2010.07.10 18:21 URL | なるパパ #MkgAoDiE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bowlingblognaru88.blog9.fc2.com/tb.php/1041-9765a704