407Cを3Gほど投げてみました。
レーンは、やや遅のノーマル風でアウトにベタの名残があるけど
それ程難しくはなさそうでした。

右のレーンに比べると左の切れ込みが甘く感じられたので、
右は8~10枚目付近をやや外出し、左は板目真っ直ぐ気味を探りながら、
ボールの動きなどをチェックしました。

感想としては、408Cよりも軌道がイメージしやすいです。
408Cは、オイルが薄い部分でのグリップ感が予想以上に強い
と言うのが第一印象でしたが、408Cよりもスーっと出て行く感じで
先での動きも丸くて扱い易さが感じられました。

ピンアクションは、とても気持ち良く爽快です。
トラックのこのシリーズは、ハズレが少ないと言われるのが良く分かります。
投げ手の技術が伴っていませんが、相性は良さそうなので先ずは一安心です。
110611.jpg

2011.06.11 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bowlingblognaru88.blog9.fc2.com/tb.php/1142-5a31184d