今年の練習テーマは、「フォームを造ること、固めること。」として来ました。
なぜ今フォームを優先課題としているのかについて、上手く説明できずにいましたが、
マサルッチさんが的確に表現してくれいていますので、
以下、マサルッチさんのところからのパクリです。

>結局のところ…

>フォームの改良の目的は、2点に絞られると思います。

>①どうすれば…今よりも良い球が投げれるか?
>②どうすれば…今よりも失投を防げるか?

>つまり…球質と再現性の向上
>この2点がフォームの改良ポイントの柱になると思います。

>そして…この2点に共通する必要事項が、『レベレージポジション』だと言えます。
>後の部分は全てココに繋げる為のモノ…

マサルッチさんいわく、
「フォーム造りは、レベレージポジション造り。で全ての原点。」ってことみたいです。
私自身もスペアミスやスコアの乱高下の要因は、
フォームが出来ていないこととだと思ってこの間取り組んで来ましたので、
このご指摘は、とても納得できます。

ボウリングマガジンへの寄稿も秒読み態勢に入っているようですが、
今後の記事に期待したいです。

※レベレージポジション=最終ステップで充分に前後開脚した下半身がバランスよく体全体を支えている姿勢

2011.11.23 | テクニック関連 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bowlingblognaru88.blog9.fc2.com/tb.php/1194-ff38a2fa