1時間少々バランスやタイミングの練習した後、
しばらく使っていなかったボールの動きや相性確認をやってみました。
120703.jpg
1G目は、中目のオイルを見切れてなくてパケットを2回ミスったものの
それ以外は、まずまずイメージ通りで190UPでした。

しかし2G目は、3フレから10ピンタップのオンパレード。
まるで10ピンタップのラインが出来上がっているかのようで、
少々調整しても結果は、10ピンタップって感じでした。

様子を見ていたプロは、
「ピンヒットの時にボールのパワーが既に消耗しているので、
もっと手前にオイルのあるラインを使ってポケットを突いた方が良い。」
とのアドバイス。

3G目は、アドバイスを意識して調整してみましたが、
レンコンに合ってなかったか、ボール自体のヘタリのためか、
思うような結果は得られませんでした。

ボールを変えてもう1ゲーム投げてみたかったのですが、
時間切れのため、次回の夜錬までお預けです。

2012.07.06 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(2) |

おしさしぶりです。
ジャストポケットでテンピンタップが続くときは、左右だけではなく前後に動くのも有効です。ほとんど同じラインで投げられるからです。
ボールがロールアウトしているとのこと。それなら半歩後ろから、助走を速くして投げるのが有効です。
センターにオイルがあるならばインから、そこを使うのも有効です。
オイルが枯れている時は20枚前後を通してスキットが出るボールで絞って投げる必要があります。上体を高めにしてロフトする方法もあります。ボウリング上達のコツ50の中に書いてあります。→右横の本です。

2012.07.07 18:07 URL | 非力ボーラー #2sQQXnjA [ 編集 ]

>非力ボーラーさん(^o^)丿
久しぶりのコメントありがとうございます。

まだまだ引き出しが少なくて、対応力が身に付いていませんね。
前後のアジャストや助走による調整は、次回試してみます。

新たな発見があるので、本も時々読み返さないといけませんね。

2012.07.07 23:55 URL | なるパパ #MkgAoDiE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bowlingblognaru88.blog9.fc2.com/tb.php/1261-c6376242