夜錬でもカウントダウンを減らすことを意識した練習をしています。
マイボウラーになって10年以上も経つのに、まだこのレベルで足踏み中なのが
なんだかなぁーですが、2年後の定年までにアベ200UPすることを目指して
課題に取り組んでおります。

今回はバックエンドが良く切れていたこともあって、スプリットが目立ちました。
130212.jpg
1G目は、中盤までは順調だったんですが、7、8フレで5本カウントのスプリット。
5フレでやっとストライクが来て連発モードかと思いきや、いきなりのカウントダウン。

こういう結果は、通常は投球ミスなんですが、
自分としては、まともに投げたつもりだったなので、原因はレンコンの方かな?
8フレも同じピン残りなので、ある意味、同じように投げてると言えるかも…

2G目も出だしは良くて途中から割れるパターン。

中に入ってもボールが出ていかない感じだったので、3G目はボールチェンジ。
2G目よりも投げ易くなったけど、スプリットは2個発生しています。
スプリットをカバーできたのは、「良くできました!」ですが、
やはり投球のブレが途中で出てしまうようです。

センターのプロ曰く、一般的に「レーンの変化は徐々に出てくるので、
いきなりのカウントダウンは、投球ミスの可能性が高い。」とのこと。
さらにボールスピードが遅めのボウラーは、レンコンの変化の影響を受け易いと
考えられるので、再現性と対応力を高めることが課題克服のカギになりそうです。

2013.02.16 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bowlingblognaru88.blog9.fc2.com/tb.php/1337-2e989de6