4月の初ゲームです。
130406.jpg
珍しくアウトサイドがしっかり切ってあって、外壁にぶつけて戻すラインか、
もしくはインサイドを真っすぐ気味に絞って投げるかの選択が可能なレンコンでした。

同箱の2人が外への出し戻しのラインを使うようだったので、
この2人とかぶらないように中の板目を使わないラインを投げてみました。
また現在メインボールとしているインベーダー・マルチは、
ドライエリアでのグリップが強くて、壁に当てるとガツンと角のある曲がりになって
スプリット発生につながる可能性が高いと思われたので、
イメージし易くて安定感のある中目のラインを選択しました。

1G目は、7、8フレで厚めヒットの8本カウントとなったところで、
立ち位置を少し前(感覚で5、6センチ位)に移動した結果、終盤のダブル。
気持ちは10フレ2投目もストライクのつもりでしたが、チョッと行き過ぎて
10ピンタップ…しかもカバーを失敗してノーミスならず。(--〆)

2G目は4フレの厚めの後、前にアジャストしたら行き過ぎてしまい、
8フレで少し戻したのにまだ薄めだったので、10フレでは左に2枚の平行移動を
試したところ、パンチアウトにつなげることが出来ました。

3G目は、2G目終盤の出来具合から連発モードを期待したんですが、
微妙な厚め薄めが繰り返されただけでダボ2つのみに終わってます。
スペアミスさえなければ、結構イケてる感じだったんですがねぇ~。

ともあれ単品のカバーミス3個は、非常に情けない結果でしたが、
前後左右のアジャスティングの組み合わせで対処する感覚と
加減の仕方を経験として蓄積することが出来ました。

2013.04.06 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bowlingblognaru88.blog9.fc2.com/tb.php/1352-d36a2e90