今月のカウントゲーム数は31ゲーム。
内訳は以下の通りです。

☆200UP    14G(45.2%)
☆170以下     7G(19.4%)
☆ノーミス      7G(22.6%)
☆アベレージ    191.5
☆10番カバー率  84.5%(24/29)
☆マーク率     87.1%
☆1G当り発生数
・失投数         2.13
・ノーヘッド       0.74
・スプリット       0.71
・ストライク       4.19
・連続ストライク   1.87
・スペアメイク     4.58
・オープン       1.61

ビッグゲームは無いものの、200UPのゲーム数が増えています。
また今月はノーミスゲームも増えて初の20%台。

失投とノーヘッドは増えていますが、スプリットが減ってスペア率が上がり
ローゲームが少なかったことが、全体の底上げにつながっているようです。

ボールを転がすイメージの投げ方については、
第三者が見てもほとんど分からないと思うでしょうが、
個人的には、以前とは違うリリースが身について来ていると思っています。

一言で言うと振り子スイングでは無くて、肘と下半身を使ったリリース。

言葉での説明は難しいんですが、
肘を柔らかく…具体的には少し曲げる感じでボールを若干抱え込むと同時に
腰と言うか下半身でボールを運ぶイメージパタパタっとアプローチして
やや沈み込みながら低い位置から押し出すと言ったリリースで、
多少は転がすイメージに近付いているような気がします。

この投げ方のメリットとして、hebocenさんが以下の事を書かれていましたので
今後の練習に迷いなく取り組めそうです。
1.バックトップで、タメを作ることができる。
2.スイング軌道の揺れを、最小に、とどめることができる。
3.バックトップ以降、腕の力を抜くことができる。
4.コントロールが良くなる。
5.リリースのさい、スナップをきかせて、高回転を生み出すことができる

2013.09.04 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bowlingblognaru88.blog9.fc2.com/tb.php/1396-b0c31f16