メンテマシンは、まだ修理できておらずレンコンはやや厄介な感じでした。
ポイントは、10枚目よりも外は使わないこと。

このレンコンでは、インサイドから15から20枚目辺りを探って投球ラインを
決めるんですが15枚目なら絞ったチョイ出しライン、20枚目なら
もう少し出す感じで10枚目を行き過ぎない程度のところを目安にします。
140302.jpg
今回は、先が来るディファイアント・ジェムで13枚目辺りを通すラインで
スタートしていますが、1G目はポケットは突いていたものの
ダッチマンペースで推移して8、9フレで10ピンカバーをミスって175。

2G目は、ターキースタートだったのに4フレで何とも奇妙なピン残り。
初体験の1-8-9をカバーしてノーミスペースだったのに
またもや9フレの10ピンカバーミスで200チョロ。

3G目では、ボールの動きが不安定になって、ピン残りもバラつき気味のスタート。
10ピンはカバー出来たのに、今度は7番をミスってしまうお粗末で179。

4G目でボールとラインを変えたら再び良い感触が戻って3フレからターキー。
6フレはスペアボールが思いのほか出て行かず噛んでしまって
チョップしてしまいましたが、その後ターキーで挽回して222で終了。

ディファイアントとアンギュラーの使い分けが若干分かったような気がしました。

2014.03.04 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bowlingblognaru88.blog9.fc2.com/tb.php/1448-4e506d9b