現在のメインボール2個の内、ディファイアント・ジェムの方がビッグゲームの
回数が多いのでパーフェクト・アンギュラー・ワンよりもやや優先的に
先発登板させています。

この日もバックエンドは、やや切れ気味に感じられましたが、
中を使えば何とかなりそうな感触でしたので、ディファイアントを選択しました。
結果は、
140410.jpg
1G目は、ポケットヒットはできるけどストライクにならない状態が続き
アジャストが決まらんなぁ~って感じで終盤までズルズルっと行ってしまい、
10フレ1投目でスプリット発生。ラッキーにもカバーできて182。

2G目は、前の10フレ3投目からの流れでストライクスタートしたものの
2、3フレでスプリットオープン。この時点でボールチェンジを判断すべき
だったのかも知れませんが、中へ入るアジャストで4フレはストライクが来たので続投。
でも、入り方が不十分だったのか、その後は厚めヒット気味で推移し
9フレで再びスプリットオープン。10フレでダボって162。

3G目も前の10フレの流れでそもままスタートして2、3フレでダボれたので
今度こそは、と安定したカウントを期待したんですが、中盤に乱れて200UPならず。

私にとってディファイアント・ジェムがコンディションによっては、
スプリットが出やすい場合がある事は承知していたんですが、
ボールの選択やボールチェンジの判断が甘かったようです。

2014.04.12 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bowlingblognaru88.blog9.fc2.com/tb.php/1461-effbb505