レンコンと投球スタイル、
ハウスコンディションとトーナメントパターン用に
対応するためのラインナップの考え方が語られています。

腕が頼りにならない分、道具で補いたいけど、
予算の都合もあるので、あくまでも参考ですね。

2016.09.02 | モノやコトの紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bowlingblognaru88.blog9.fc2.com/tb.php/1654-a01ad016