170923.jpg
右肩の突っ込み過ぎによる投球フォームの乱れが
概ね改善されたことに伴って
スコアも安定するようになってきました。

改善のために意識するポイントとして、
前回、蹴り足とスライド足のことを書きましたが、
もう一つ左手の使い方が
右肩の突っ込み過ぎの抑制に
とても効果があることに今更ながら気が付きました。

左手を前に出している間は、右肩は前にでない。
当たり前のことなので、
無意識にできているときはチャンと
投げることができて問題の発生もありませんますが、
実は日頃から意識しないといけない重要ポイントですね。

2017.09.24 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bowlingblognaru88.blog9.fc2.com/tb.php/1716-24d28359