コンディションによってカバーボールでも曲がりが出ることがあります。

原因のひとつには、私のカバーボールのトラック部分が曇ってきており、
摩擦係数が以前より高くなっていることがあると思います。
時々は、コントロールイットで磨いていますが、
ピカピカにする技術がないものですから、気持ちだけスキッドが伸びる感じです。

カバーボールですから、真っ直ぐ走る事が基本ですが、
曲がりが出る事が不都合ばかりかと言うとそうでもなく、
軽く噛むことでアウトでの踏ん張りが利いたりして、良い事もあります。

カバーボールの曲がりも一長一短って事でしょうか。
いずれにしろレンコンに合わせた投球技術が求められますね。

2006.03.10 | テクニック関連 | トラックバック(0) | コメント(5) |

私のカバーボウルは普段のレーンでは全く曲がりません。
でも、さすがにドライだとチョットだけ曲がります。
そうなるとミスったりしちゃうんですよ。
慣れてるはずなんですがね(笑)

2006.03.10 15:56 URL | torokakke #- [ 編集 ]

私はコロンビアのホワイトドットを使っていますが、レーンコンディションによって動きが変わりますね。
コロンビアのブルードットは全然曲がらないと聞いたことがあります。硬度が高いからとか。
値段もその分高かったような記憶があります。

torokakkeさんは、ブルードットなのかな?

2006.03.10 17:12 URL | ochan #kLoia8aY [ 編集 ]

torokakkeさんヽ(^。^)ノ
カバーボールは、基本的に動かないのが一番なんでしょうね。
torokakkeさんが、ブルードットかどうか私も知りたいです。
それと、カバーボールは重さをワンランク下げて作る方もいるとも聞きましたが、
そのメリットとデメリットも知りたいです。

ochanさん(^o^)丿
データで見る限り、ブルードットはワンランク上の硬度ですね。
実際の走りや動きの違いを試してみたい気もします。

2006.03.10 20:26 URL | なるパパ #MkgAoDiE [ 編集 ]

私のホームのJBCの人は大体ブルードットを使ってますね。
私はカバーボールを持っていないんですが、理由は
・買おうと思ったら、「やめとき」と言われた
・大会で持っていくボールが増えるのが大変
とヘタレな理由なんですよ。
すみません、記事の内容とリンクしてなくて。

2006.03.11 04:18 URL | COVER #- [ 編集 ]

COVERさん(^_^)v
いえいえ、そんなことはありませんよ!
ブルードットの定評を裏付ける、充分なお役立ち情報です。
ウチのセンターでは、競技ボウラー人口が少ないためか、
カバーボールを使う人があまりなく、情報不足です。
今回は、「カバーボールは、どれも同じ。」って思って買いましたが、
ブルードットは、チョット事情が違うみたいですね。

2006.03.11 07:08 URL | なるパパ #MkgAoDiE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bowlingblognaru88.blog9.fc2.com/tb.php/177-f9e1d6cd