最近の傾向として、スプリット発生によるオープンフレームで
スコアが伸ばせないと言うパターンが良くあります。

ハッキリしたことは分かりませんが、
ボールが切れすぎる時に発生してる気がしています。
入射角度の違いにより、ピンが飛んでいく方向や
ピンアクションの連鎖反応が上手く行かないのだと思います。

一方で、ブルックリンサイドに行ったときは、
スプリットは発生しにくい様子にあるようです。

スプリットのバターンによっても違うとは思いますが、
発生のメカニズムなり、その傾向と対策のようなものが
ないものかと思っています。(悩)

2006.03.17 | テクニック関連 | トラックバック(0) | コメント(2) |

こんばんは、いつも楽しく拝見しています。
http://www.sportsclick.jp/bowling/01/index48.html
こんな、記事があります。御参考まで。

2006.03.17 19:12 URL | dore #mQop/nM. [ 編集 ]

doreさん(^o^)丿
コメント及び記事の紹介ありがとうございます。
そう言えば、このHPがありましたね。
最近、見に行かなくなったのですっかり忘れていました。
これからも、ヨロシクお願いします。

2006.03.18 00:12 URL | なるパパ #MkgAoDiE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bowlingblognaru88.blog9.fc2.com/tb.php/184-bf884ba0