3-6-10に対する攻略法を考えてみました。ヒントになったのは、
リリーさんから頂いた「ストライクのポケットに投げる」というコメントです。

立ち位置やスパットをあれこれ悩まずに、1投目と同じように投げたらどうなるのか?
リリーさんが言うように3番左側にヒットして、上手くカバーできるのか?
メインボールではなく、マスターゾーンで投げればスキッドが伸びる分、
上手いこと3-6の間あたりにヒットするのではないだろうか?
その際、カバーストックのグリップ力の違いをどのくらいアジャストするのか?
などなど‥

今晩の夜錬で検証してみます。

2006.04.25 | テクニック関連 | トラックバック(0) | コメント(2) |

どこのセンターでも基本は立ち位置36枚目スパット18枚目で投げてますよ。
アジャストしたとしても、立ち位置を1枚か2枚どちらかに移動するだけですよ。
あっと、ボウルは一投目のボウルです。

2006.04.25 12:59 URL | torokakke #- [ 編集 ]

torokakkeさん(^o^)丿
コメントありがとうございます。
思い出しました!カバーボールを使う以前は、
概ねこのような感じで投げて、特に苦手意識もありませんでした。
それが、チェリー以外のスペアメイクをカバーボールで取りに行くように
なった頃から分からなくなったようです。
メインボールとカバーボールの使い分け、役割分担の見直しをしてみます。

2006.04.26 00:02 URL | なるパパ #MkgAoDiE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bowlingblognaru88.blog9.fc2.com/tb.php/223-76142db7