充分な検証が出来たわけではありませんが、ストライクのポケットへ投げて
3-6-10をカバーする投球イメージは、私には困難なようです。

成功例も何度かありましたが、基本となる投球として自信を持てるまでには
至らないと言う印象です。
ストライクとなるラインが分かっている事が、前提になることと、
やはり3-6の間にヒットする投球でないと不安が解消されません。

で、どうするかについては、昨晩の試行錯誤の結果に加えtorokakkeさんが、
新たなヒントを与えてくれましたので、次は、こちらを試してみようと考えています。

2006.04.26 | テクニック関連 | トラックバック(0) | コメント(7) |

 私の場合は、3,6,10のポイズンネイビー(毒のつた)は、3,10のベビースプリットの意識で10ピンボールで3番の右側半分を目標にして左クロスから投げています。

2006.04.26 12:42 URL | 非力ボーラー #qrvVHRXE [ 編集 ]

非力ボーラーさん(^o^)丿
カバーボールならそれが、基本ですよね。
でも、今ひとつしっくり来ないものだから
正面気味から10枚目真っ直ぐなんてラインも試したりしています。
また、カバーボールで取りに行くのか?メインボールで取りに行くのか?
どちらがイメージどおり、またはそれに近い投球で
安定した結果が得られるのか、この辺りがポイントとなるようです。

2006.04.26 23:19 URL | なるパパ #MkgAoDiE [ 編集 ]

実は、私の師匠もストライクのコースで良いのでは、と
言っていました。でも私を含めて周りの人はみなさん
なるパパさんと同じ考えですよ。
私の場合は裏に行く事がおおいので、師匠の言う通りに
投げるのは勇気が要ります(笑)。

2006.04.27 01:33 URL | #b5.M5V.g [ 編集 ]

寅さん\(^o^)/
うちのセンターのプロは、「そういう考え方(ストライクコース)もあるでしょうね。」って言っていました。要は、自分のイメージに何が一番合うかって事だと思います。

2006.04.27 06:24 URL | なるパパ #MkgAoDiE [ 編集 ]

1投目のところを投げて3,6,10を取る時は注意が要ります。なぜなら、1投目は厚めで1番ピン直撃で、3,6,10残りだから、1投目に投げ方が原因なのか、レーンが遅くなったのかの見極めがいりますね。

2006.04.27 09:01 URL | 非力ボーラー #- [ 編集 ]

お久しぶりです。
私が投げているのは20枚目を通して投げています。テンピンがらみや3ばんがらみはすべて20枚目を通して、イメージを覚えやすくするためです。
またテンピンをスペアボールで取っているのだったらテンピンをとるラインを一投目のボールで投げるというのもひとつの手ですよ。

2006.04.27 19:00 URL | kanako #PKEetxYM [ 編集 ]

非力ボーらーさん(^o^)丿
ですね。3番ピンだけならまだしも、3-6-10となると、
注意事項や落とし穴がたくさんあようで、困難さが増す感じです。

kanakoさん\(~o~)/
「イメージを覚えやすく」ってのがキーポイントですね。
私も3-6-10カーバーイメージの基本を固めようとしているところです。

2006.04.28 07:56 URL | なるパパ #MkgAoDiE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bowlingblognaru88.blog9.fc2.com/tb.php/224-373a1083