共にボールの威力を増す要因ですが、
アクセルとブレーキのような相反する関係であることを
最近の練習の中で実感するようになりました。

スピードが勝るとボールが突っ込み、
回転が勝る(実際は、スピード不足)とボールが大きく動く。

要は、有効で適正な入射角度を得るために双方のバランスを
加減すことが重要だってことなんでしょうが、
レンコンやボールによっても様子が異なる為、なかなか悩ましいです。
でもカラダで感じるしかないでようから「悩むより投げろ!」で、今日も夜練してきました。

2007.03.14 | テクニック関連 | トラックバック(0) | コメント(2) |

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007.03.15 13:25  | # [ 編集 ]

こんばんは♪
私も、助走のスピードを変える、ボールの持ち方を変える、
バックスイングの高さを変える・・・
色々やっています。
曲がり過ぎは少し対処できるようになった気が。。。
スピードがつくと曲らない、は未だに悩みです。
やはり、習うより慣れろ、ですよね。
春からは休日毎に余り行かないセンターに、色々対処しようと
練習しに行きます。

2007.03.17 00:32 URL | 寅 #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bowlingblognaru88.blog9.fc2.com/tb.php/518-68597826