大会二日目は、2005年、2006年とはまったく異なる展開となっています。
昨年までの顔ぶれは、誰一人として決勝ラウンドロビンに残っていません。
予選12Gまでは、常に首位だった矢島プロも準決勝の6Gで13位に転落。
明日の最終戦へは、進めなくなりました。
水野プロもジョン・テハ選手も山本プロも入って無いんです。
昨年の優勝者文プロは、予選で12Gで姿を消していました。

その代わりと言っては何ですが、アマチュアが2名もベスト10入りしています。
中々壮絶なサバイバルゲームの様相となっていて、明日の展開がとても楽しみです。

予選12ゲームの結果
準決勝6ゲーム結果

2007.05.27 | 休閑話 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bowlingblognaru88.blog9.fc2.com/tb.php/586-0360d55c