センターへ行ったら先ずは簡単なストレッチをやってから
投げ始めるようにしています。

若くはありませんので、いきなりパワー全開ってわけには行きませんから‥。
投げ始めは、軽いボール(13p)を使って、一歩助走投げを数フレーム投げます。

その後は、普通の立ち位置からややゆっくり目のアプローチスピードで数フレーム、
そしてカラダや手首の状態が出来上がってきたら14pに代えて
ノーマルなアプローチスピードで最後まで投げて、ウォーミングアップ完了です。

またウォーミングアップ終了後も13pで投げることがあります。
この間スピードと回転の増量に取り組む中で、軽めのボールを使ったほうが、
スイングやリリースにおけるタイミングや感覚をつかみ易いと思いました。

具体的には、重量が軽い分手首の負荷が軽減されますので、
その結果、フォワードスイングでのボールの後押しや
リリースの際に手の平を転がす感覚がつかみ易い事を実感しています。

2007.09.16 | テクニック関連 | トラックバック(0) | コメント(5) |

私も5フレームぐらいまでは、ウオーミングアップを兼ねた遊び投げです(^^ゞ

レーンの左端から右のガター目掛けて、手の平からボールをこぼしスピンをかけて投げます。


ボールの動きを見て1投目に投げる、おおよその位置を決めます。



1ゲーム目は140~200ぐらいのスコアです(^.^)

2007.09.16 07:49 URL | くり #- [ 編集 ]

くりさん(^o^)丿
>レーンの左端から右のガター目掛けて、
>手の平からボールをこぼしスピンをかけて投げます。
これは、レンコンをチェックするのにとても有効ですね。
私は、カバーボールを使用しませんので、
1投目と同じように投げて10ピンが取れるか
ストレートボールでとるかの判断にも役立てています。

2007.09.16 17:33 URL | なるパパ #MkgAoDiE [ 編集 ]

おはようございます。

私もカバーボールは使いませんよ、10ピンのリリースは別に有ります。

2007.09.17 08:08 URL | くり #- [ 編集 ]

リーグ戦、大会等はスタート前に投球練習できるのですが
それ以外は1投目だけタイミング取るのとレンコン具合を
見るために10枚目を投げウォームアップ終了です。(爆)

本当はなるパパさんのように投げたいのですが5Gパックで
勿体ないとの貧乏根性で常に実戦だと想定して・・・(^^;;;
後は普通に投げていますが投げる前後のストレッチだけは
入念にしていますよ。

2007.09.17 13:14 URL | gousoku #- [ 編集 ]

くりさん(^^♪
実は現在、スペアの取り方を見直し中です。
基本は、1投目と同じ投げ方にして立ち位置とアングルで調整、
10ピンを取りに行く際、どうしても左に切れて届かない場合などは、
ストレートボールのリリースにすると言う組み立てにしようと考えています。

gousokuさんヽ(^o^)丿
下調べを充分やっておくといざと言うときに安心です。
練習ボールで投げていないラインを本番で投げるのは、
チョッと不安を感じますからね。

2007.09.17 19:19 URL | なるパパ #MkgAoDiE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bowlingblognaru88.blog9.fc2.com/tb.php/655-c57b1dc7