今日は、公休日でしたので教室2時間に参加して朝錬しました。

練習課題は、ボールスピードのアップです。
ボールスピードを上げるための方法は、いくつか考えられますが、
バックスイングを高める方法に取り組んでみようと思っています。

勿論、いきなりオープンショルダーとかのハイバックスイングなんかではなく、
今よりも少し高くする程度から…取りあえず肩の高さと同じくらいからです。

現状のバックスイングは、腰の少し上くらいです。
これを肩の高さまであげるには、上半身を今よりも前傾させる必要があります。
本を読むと前傾の目安としては45度くらいが適当とのことですが、
チャンと測れるわけではないので、無理なく窮屈感がなく自然に上がる程度でスタート。

やってみるとそれほど難しくはなく、比較的イメージ通りにできた…つもりです。
練習に参加していたU宮さんにも見てもらいましたが、
一応、肩までは上がっているとこのと。本人としてはもう少し上げてるつもりでしたけど、
次回はデジカメで動画撮影をしてみます。

バックススイングが高くなった分、ステップ(下半身)との同調の見直しが必要になります。
最高点での溜めやフォワードスイングが長くなる分の時間とリリースまでのタイミング調整を
ステップのテンポや歩幅で合わせないとバランスが取れたスイングになりません。

今日の感じでは、4歩目の出し方に注意するのと
5歩目をもう少し大きめにインステップを意識しながら踏み込むと
もっと良い感じになりそうでしたが、今日はそこまで確認できませんでした。

それと体を前傾させることに伴って、視線が変わるので、目標もスパット辺りではなくて、
もっと手前…例えばファールラインの手前にあるリリースドットとかを使った方が
良さそうな気がしました。次回にやってみることにします。

2009.03.23 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(2) |

<なるパパさま
毎度のなるパパさまの努力には頭が下がります。
私もスピードアップが課題です。先日うちのプロに「リリース時に頭が少し上がっている」
と指摘され、冷や汗をかいたものです。。。
それ以後、絶対微動せずをモットーに。
タイミングが合うようになればスピードも上がると思います。
今日も教室でしたが、うちのプロにフォロースルーで肘を絶対に曲げるなと言われましたが、
曲げるとスピードも上がらないようですね。

さて、ドットを使ってみるのは私も賛成です。
レーンによってはスパットを見るよりドットを見た方が良い場合もあると感じています。
幅が取れないレーンの場合、ドットを見ると1枚2枚の微調整が上手く行くような気がしています。

2009.03.24 22:14 URL | 寅 #b5.M5V.g [ 編集 ]

寅さん(^o^)丿
50歳半ばのオジサンが今さら取り組むには無理があるような気もしていますが、
スピードアップは、昔からの課題でしたし、
身近の同年代で凄いパワーストローカーがいますので、
私も老体に鞭を打ってやってみることにしました。
私も色々試してみて、自分に合った方法を身につけたいと思っています。

2009.03.25 06:45 URL | なるパパ #MkgAoDiE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bowlingblognaru88.blog9.fc2.com/tb.php/896-e850d554