やはりPBA選手のボウリングは、見応えがあります。
ライノ・ページ選手のパーフェクトゲームは、シビレましたね。

40歳代の熟練ボウラーに混じって、
シーン・ラッシュ選手やライノ・ページ選手などの若手選手が
PBAのトップボウラーとして活躍できるのも
高速高回転の投球スタイルの成せる業だと思いました。

TVファイナルのゲームを見る限りでは、
優勝したパトリック・アレン選手の調子はイマイチで、
優勝決定戦までは、対戦相手に恵まれて勝ちあがった感じでしたので、
予選アベレージ255でトップ通過したウエス・マーロット選手の方が
優勢のように思えましたが、最終ゲームではパトリック・アレン選手の集中力が
ウエス・マーロット選手よりも上回っていたようでした。

まったくもって別世界のボウリングなので、参考になることは少なかったですが、
それでもリリースの瞬間までのスローVTRは、ためになった気がします。

2009.05.05 | 休閑話 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bowlingblognaru88.blog9.fc2.com/tb.php/914-42d395dd