私にとってフォークシンガーと言えば、
吉田拓郎です。

岡林信康でもなく、南こうせつでもなく、
加川良でも井上揚水でも泉谷しげるでもなく
高校生時代に一番ハマッたのが吉田拓郎でした。

決して熱狂的なファンではありませんが、
朝日パノラマが出した4枚組みソノシートから
御伽草子くらいまでのレコードはほとんど持っています。

そんな私の吉田拓郎が、コンサートツアーを開始しましたが、
リハーサル中に倒れてしまい、ツアー3公演が一旦中止になったことが
今朝のニュースで流れました。

最後の全国ツアーとの事でしたが、年齢63歳、
病み上がり後でもありTVの映像を見る限りでは、
かなりやつれているようにも見えました。

ツアーに先立って久しぶりに発売されたのがこのCDです。
昔の曲に比べると強烈なインパクトのあるメッセージソングではありませんが、
このCDの1曲目に収録されている「ガンバラナイけどいいでしょう」って曲には
とても共感するところがあり、彼と共に年齢を重ねてきた自分を実感しました。

現在自宅療養中で、25日以降の公演は体調を見て判断するとの事ですが、
いちファンとして、再び元気な姿を見せて欲しいと思っています。

<お断り>
上記画像は、楽天ブックスへの商品リックとなっています。
リンク先でご注文いただくと私にもポイントが加算されるプログラムです。
あらかじめご了承ください。ドシドシ注文してね!(笑)

2009.07.09 | モノやコトの紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bowlingblognaru88.blog9.fc2.com/tb.php/934-0dc106db