レンコンは、外早中遅でした。
中目もオイルが多めで、ボールは先の方で少し動くだけで、
アウトからのクロスラインよりも中を使う方がまだ安定していました。

練習ボールの時点では、モーメンタム・スイングで
15枚目辺りを気持ち外出し気味にして板目を使わないラインが
良い感じでポケットヒットしていました。

でもゲームが始まると様子が変わっていました。
練習と本番で状況が一変することは良くあることです。

原因は、練習でつかんでいた筈のラインに本番では上手く乗せられなかったり
同箱の選手の投球ラインとの関係などが考えられます。

この日は、同箱のFさんがメガ・フリクションを使って
私と同じラインを投げていましたので、この影響が大きかったようです。
0711.jpg今回のスコア⇒172、198、165 合計535
 ave    strik    spare   open   cover 
178.3  40.6%  40.6%  18.8%  68.4%
スプリット1、ノーヘッド4、テンピンカバー1/1で100%

1G目は、イジーなカバーミスを3つもやってしまい自滅。Fさんは213。
レンコンの変化も早く、終盤Fさんのメガ・フリクションは
スピードが足りないとブルックリンヒットや9番ピン残りとなっていました。

そんな様子から、私はモーメンタム・スイングよりも走りが良くて
オイルの影響を受けにくいパーティカル系ボールに変更。
その結果2G目は、何とかノーミスで終了。
でも7フレからの8本カウント続きに不満を感じて、
10フレ3投目でにキネティック・ブラックを投げてみると
感じの良いストライクだったので、ボールチェンジを判断。
Fさんは、裏ストライクを多発させながら208。

3G目1投目も感じの良いストライクで、ボールチェンジは正解だと納得するも
3フレは、勢いがついてワッシャー崩れ…力みすぎ?
4、5フレはジャストのストライクだったのに
6フレでノーヘッド…キャリーダウンのオイルに乗っかって滑ってる?
7、8、9フレは、8フレのアンラッキーな7ピンタップでターキーならず。
10フレでまたもや薄目ヒットで2-8残り。
2-8は苦手ではないのに、思ったよりも手前でボールが切れ込んでスペアならず。
Fさんは、立ち位置とスパット探りに終始して177。

今回のφ(..)メモメモ
3G目は、ストライクは多かったけど、
オープンフレームを3個も作ってしまったことを考えると
ボールチェンジが正解だったかどうかは疑問。
キネティック・ブラックは、キャリーダウンに弱い?
キネティック・ブラックのテストにはなったけど、
十分投げ込みをしていないボールを使うのは、危険。
安定感があった2G目のボールで3G目も投げるべきだったかも?

2009.07.12 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(2) |

キネティックシリーズは、キャリーダウンに弱い、というかオイル変化に敏感な気がしますね。
私のキネティックパールもオイルに少々敏感なんですよ。

2009.07.12 23:02 URL | りりー #Fjqb2npw [ 編集 ]

リリーさん(^o^)丿
そうなんですか。
キネティック・ブラックは、私としては結構良い感触なんですが、
今回は、チョッと微妙な感じでした。

2009.07.13 19:33 URL | なるパパ #MkgAoDiE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bowlingblognaru88.blog9.fc2.com/tb.php/935-60a5ed53