ボウリング・マガジン9月号が届きました。
特集記事の中で今一番関心があるのは、4スタンス理論です。
今月の記事では、
タイプによる運動方向性の違いが書いてありました。
リリースの時に伸び上がるのが良いAタイプと
沈み込むのが良いBタイプ。

私は、Bタイプなので沈み込む方がカラダが安定し、
最大の出力をボールに与えられるとのことです。

チャンとした指導がないと、身につけるのは難しそうですが、
自分に適した運動の方向性については、知ることができました。

2009.08.20 | 本の紹介 | トラックバック(0) | コメント(2) |

これ、立ち読みしました。
私はA2なので、伸び上がりがよいと言うことですが、膝で伸び上がるのか上半身で伸び上がるのかが書かれていないのが悲しいです。
ただ、膝で伸び上がると、ボールを前に押す推進力が削がれるので、上半身を起こすと解釈しました。
スレッシュ4スタンス理論をボウリングで生かすまでには、まだ詳細を詰め切れていないと思いますが、体幹の使い方などは、すべてのスポーツに関係するので、参考になりますね。

2009.08.21 13:00 URL | りりー #Fjqb2npw [ 編集 ]

リリーさん(^o^)丿
もう少し具体的なことが書いてあるといいのですが、
毎回期待しながら、今ひとつ消化不良なところがあります。
でも、これまで無意識だったカラダの使い方の点検という意味では、
役に立ってます。

2009.08.22 06:59 URL | なるパパ #MkgAoDiE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bowlingblognaru88.blog9.fc2.com/tb.php/945-ef1ea8bc