昨年末から2年間に跨るレポートです。(笑)

前半3ゲームは、ノーヘッドを回避するのが精一杯で
ようやくストライクが来出した所で終了となりました。
スコアは、149、165、160で474。
少し前までのレンコンでは、アベ200UPペースだったのに、
すっかり弱点を露呈してしまいました。
1230-2.jpg
レーン移動しての後半は、
前半3ゲームが消化されたこともあってか、
少しはボールが動くようになっていました。

ボールスピードを控えなくても
ある程度動いてポケットが突けるラインが5、6枚目にできている様子で、
1G目は、誤魔化し投球の悩みから開放された感があり、なんとか180。

でも2G目になると、微妙に厚かったり薄かったりと不安定な感じ。
連発も無くなって155と再度スコアダウンです。ショボ。

2G目の様子からモーメンタムSでは合わせ辛いと判断して
3G目は、蜘蛛バイトにチェンジしたところ
見事に成功とまでは行きませんでしたが、200UPすることができました。

9フレは、ジャスト8の残りピンでしたけど、
2投目がピン手前で左に切れ込んでのカバーミスです。

オイリーだと思って保険をかけてカバーに行ったつもりが、
まさかの強い切れ込みで予想外なオープンです。
油断大敵ってことでしょうが、連発で気持ちよく来てただけにショック。

今回の大会では、高速レーンでの打て無さを再確認しました。
ひとつ不思議だったのが、同箱だった曲がらない球質の
ハイスピードストレートボウラーの方が、
クロスラインでバチバチ当っていたこと。

ご本人も普段ならコントロールが定まらず苦手な筈なのにって言いながら
前半3Gのレーンでも200UPを連発、
後半も大崩せずに決勝進出を果たされました。

何れにしろスピードと回転のバランスやコントロールが重要なことを
再認識して年内最後のゲームが終了しました。

昨年1年を振り返って最も進歩した点は、
10ピンカバー率が向上したことです。
今回も8/9でカバー率88.9%でした。
今年は、年間カバー率80%越えを目標のひとつにしたいと考えています。

そんな訳で、午後から初投げ行ってきまーす。

2010.01.05 | 練習・試合結果 | トラックバック(0) | コメント(2) |

おそらくですが、
ストレートのボウラーさんは、
中目にもオイルがしっかり入っているので、
内側にミスをしても、
オイルが勝手に運んでくれちゃうような、
コンディションだったんじゃないですかね。

先でフッキングを出そうとするより、
直線的にポケットに狙う方が、
きっとポケットに集まりやすかったんだと思いますよ。

これもオイルの仕業って事ですよ。

2010.01.06 07:20 URL | torokakke #ON.WrTpo [ 編集 ]

torokakkeさん(^o^)丿
少し前に似たようなコンディションで、
このストレートボウラーさんは、ワッシャーや
ポケットヒットしても5番残りの繰り返しで散々だったので
今回ご本人も信じられないと言った様子でした。
私見としては、バックエンドのクリーニングの具合と
ボールの相性との関係ではないかと見ています。

2010.01.06 23:38 URL | なるパパ #MkgAoDiE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bowlingblognaru88.blog9.fc2.com/tb.php/984-64d23aee