北九州での練習会では、スペアメイクについても新たな発見がありました。
柴田Pいわく「2-4-5は、正面からのラインがチョップが少ない。」で、
つまりスペアボールで正面から狙いなさいってことです。

私としては、2-8のカバーラインを押さえていると言う前提で
1投目のボールで取りに行くという考えでしたので、チョッと意外でした。

でもウチのセンターの吉野Pに尋ねても同様の答えでしたので、
プロや上級者の間では、常識なのかもしれませんね。
もしかして、知らないのは私だけ?

スペアメイクについては、ある程度は常識、定石があるんだと思いますが、
最終的には、自分で試した結果、自分の感覚に合って成功率が高い方法を
自分の技術として身につけて行くんだと思います。

そんな訳で、最近は2-4-5をスペアボールで正面から取りに行くことも試しながら、
アドバイスの検証をしています。

2010.02.11 | テクニック関連 | トラックバック(0) | コメント(6) |

私も、2-4-5や3-5-6は板目真っ直ぐで取りに行きます。

2010.02.12 18:15 URL | りりー #Fjqb2npw [ 編集 ]

リリーさん(^o^)丿
やっぱリリーさんは、上級者ですね。
あまり多くのスペアメイクパターンを持たず
できるだけシンプルにと考えていたズボラな私は、
2-4-5も2-8やバッケットと同様のイメージで分類していました。
これからしっかり練習することにします。

2010.02.13 12:29 URL | なるパパ #MkgAoDiE [ 編集 ]

PBAの選手がやる方法ですね。
私も2投目は全てカバーボールで、とやっていましたが意外とコントロールが
難しくて10ピンや6ピンの時しかカバーボールを使わなくなっています。
それでも板目真直ぐではありませんが、バケットとかはやはりカバーボールで
行こうと考えている最中です。

2010.02.15 22:43 URL | 寅 #- [ 編集 ]

私も昨年秋からPBAを参考に2-4-5とか3-6-10とか2-4-10などのスプリットはスペアボールでストレートに対処してます。意外と確率高くうまくいっています。冗談でロバートスミス投げと言ったりして…(*^_^*)10ピンや7ピンなどのストレート投げの練習になりますよ(^v^)

2010.02.16 03:10 URL | kanabon #- [ 編集 ]

寅さん(^^♪
レンコンを読んで1投目のボールで行くのか
レンコンに左右されずスペアボールで行くのかは、経験と感覚で分かれそうですね。

私は今、スペアボールで取りに行って、良く失敗していますが、
もうしばらく試してみるつもりです。

2010.02.16 07:29 URL | なるパパ #MkgAoDiE [ 編集 ]

kanabon(^_^)v
2投目の多くをカバーボールで取りに行く練習は、
コントロールの向上につながりそうな気がしています。
kanabonさんを見習って、しっかり身につけたいですね。

2010.02.16 07:34 URL | なるパパ #MkgAoDiE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bowlingblognaru88.blog9.fc2.com/tb.php/992-ff3b33cc